認知症相談室

高齢の母のアルコール依存と暴言に困っています

ウミガメさん
2019-04-25 11:44:29

長年アルコールを多量に摂取してきた母ですが、ここ数年は、昼間からビール350ml缶2本とウイスキー(ロック)、夜はワインを1/2本と寝るまでウイスキーを飲み続ける生活です。おにぎりを一日1個食べる程度の食事の状態で、体はガリガリです。

困っているのは、一緒に暮らしている父に対して、毎晩酔って暴言を深夜まで吐き続けることです。父はガンステージⅣで通院していますが、母の夜ごとの「おまえ!!」などと吊るしあげる言葉の暴力に、「正直もう限界だ」と言っています。

また、数日前より、娘の私に送信してくる母のラインの文章が明らかにおかしく、まったく支離滅裂で内容が読解できず、文章になっていません。何を言いたいのかさっぱり分からない内容になっています。

アルコール性認知症を疑って受診したくても、母は絶対に説得に応じて病院に行くタイプではありません。父も「自分が我慢するしかないだろう」と半ば諦めていますが、もう限界で、自分が何をするか分からないとも言っています。

どうしたらこの両親を救うことができるでしょうか。どこへ相談したらよいのか分からず困っています。

回答する

回答・コメント

  • 2019-04-26 10:32:47
  • ウミガメさん、こんにちは。
    母の介護を体験したナツコと申します。
    看護師です。

    お母様のご様子とお父様のご体調、心配ですね。
    『アルコール性認知症を疑って受診したくても、母は絶対に説得に応じて病院に行くタイプではありません。』
    とのことですが、きちんと心身の状態を診察してもらうことが最優先かと思われます。
    お母様は今まで健康診断や風邪などで受診をしている病院や医院、かかりつけ医はありますか。
    または、地域包括支援センターに相談をしてみてはいかがでしょうか。
    地域包括支援センターは、高齢者に関する相談を受け付けてくれます。
    お母様のお住まいの地域を担当する地域包括支援センターに電話で相談をしてみましょう。
    状況やご希望に応じて、ご自宅まで訪問してくれる場合もあります。
    ご担当の地域包括支援センターが分からない場合は、役所のホームページや電話で確認できます。

    ご参考にして頂ければ幸いです。

  • ナツコさん コメントする
  • 2019-05-11 11:36:52
  • ウミガメさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

    お母様の年齢は分かりませんが、LINEを利用されているとのことですので、まだ割りとお若いのかな?と思いました。

    こちらの認知症ねっとにも詳しく書いてありますが、アルコール性認知症はアルコールを多量に飲み続けた事により、脳梗塞などの脳血管障害などを起こし、その結果発症する認知症です。

    お母様は長年アルコールを接種されているとのことですので、その
    可能性はありますね。
    飲んでいない時でも認知症のような症状はありますか?

    お母様は酔ってお父様に暴言を吐き続けたことを翌朝覚えているのでしょうか?

    お母様がアルコール性認知症であるかどうかは分かりませんが、書かれている症状は「酒乱」です。

    お父様への暴言は毎晩行われているとのことですので、一度ウミガメさんがご実家に泊まられ、その様子を動画撮影し、翌日お母様に昨晩の事を覚えているのか確認し、覚えていないようであれば動画を見せてみてはいかがでしょうか。

    その上で受診をすすめてください。(もし暴言を覚えているのであれば、動画は見せなくて良いと思います)
    出来ればその日のうちに受診され、ウミガメさんも付き添われた方が良いと思います。

    ちょっと厳しい方法かも知れませんが、自覚が無いと受診も断酒・減酒も難しいと思います。

  • オカユさん コメントする
  • 2019-05-13 13:05:52
  • > ナツコさま

    ご回答いただきまして、大変ありがとうございました。
    母は、どんなに具合が悪くても、病院に行かない人なので、特にかかりつけ医もなければ、健康診断も受けません(数年前までは私と一緒に受けていました)。年齢は73歳です。

    父は、地元で長く会社経営をしており、地元で相談するということを非常に嫌がります。もちろん、医師や包括支援センターの方々が守秘義務があることを知っていても、です。

    私がアルコール依存症の専門病院でワーカーさんに話を聞いてもらおうと提案しましたが、「とりあえず今はいい」と言われてしまいました。

    今でも連日連夜、酔って母に罵られ続けている父です。昨晩も深夜まで寝かせてもらえなかったみたいです。まだ現役で働いている父で、ガンも抱えているので心配です・・・。

  • ウミガメさん コメントする
  • 2019-05-13 13:11:41
  • > オカユさま

    ご回答いただきまして、大変ありがとうございました。
    母は73歳です。

    暴言や酔ってキレたことは何となく覚えているようです。
    先日も母と食事に出た帰り、酔った母に駅前で公然と大声で罵られ、迎えに来た父には「殺されても良いから言いたいこと全部言ってやった!」と言っていた母です。

    両親と私は同じマンションの上下階に住んでいます。父にペン型のボイスレコーダーを渡して、会話の録音はさせてます。私が宿泊するというのは、特別な目的がない限りあり得ないので(不自然すぎます)、動画撮影は無理だと思います。

    母は毎日LINEしないといけないので、毎日会社でお昼頃LINEをしますが、1週間ほど前、返信の文章がハチャメチャで、まったく意味を成してないことがありました。その時初めて認知症を疑いましたが、その後はおかしな文章を送ってくることは今のところありません。

    暴言のシーンを撮影して突き付けるということが、どのような結果をもたらすかが恐ろしくてできません。母は我が家で絶対君主ですので、父も何も意見できないし(父への結婚生活におけるうらみ、つらみを50年間言い続け、罵り続け、時に暴力を振るってきた母です)、私が母に意見しようものなら「父親そっくりのクローンが父親と結託して私に刃向かってくる!!」と被害妄想全開になります。

    本当に通常では考えらえないほどやっかいな人格の持ち主なんです・・・。本当に八方ふさがりです・・・。

    説得したらおとなしく病院へ行くような普通の穏やかなおばあちゃんではありませんので・・・。凄まじく気が強いのです・・・。

  • ウミガメさん コメントする
  • 2019-05-14 16:03:47
  • ウミガメさん、お返事ありがとうございます。

    お母様は結婚生活50年間、ご主人への恨み辛みを言い続けてきたということですが、離婚することもなく結婚生活を続けてこられたのは、その「絶対君主」の座があったからなのでしょうか…。

    意味を成さないLINEは、まだ一度だけなのですね。

    アルコール性認知症よりも、アルコール依存症を疑われたほうが良いと思います。
    アルコールを控えることが出来れば、暴言も減るのではないかと思うのですが…。
    元々の性格や結婚生活の不満もおありかと思いますので、「必ず減ります!」とは言えません。

    アルコール依存症については「保健所」や「精神保健福祉センター」で相談を受け付けていますので、そちらにまずはお電話ででも結構ですので、相談されてみてはいかがでしょうか。

  • オカユさん コメントする