認知症相談室

兄との確執

けいさん
2019-04-24 23:04:15

離婚して認知症の母と実家で同居をしてもうすぐ3ヶ月たちます。
実家はいずれ私が継ぐことになっていますが、
お金の管理は実兄がしています。

落ち着いたら働くつもりですので週5でデイサービスに行ってもらっていますが、思いのほか離婚の手続きや母の介護が大変でまだ働いていません。

母はお金の管理ができないので、残りの年金3万円を私が管理して私なりに栄養のあるものをと食事を作ったり、雑費を支払ったりしていますが、先日母が兄にお金がないと電話をしたようです。
すると、兄は母のお金なのに私が勝手に使ってしまっていると思ったのか、今度からは母に直接お金は渡すのでと言ってきました。
管理できないのにどうするのか聞いても返事はなく、しまいにはけんか腰で、あなたは母の面倒を見ているけれど、家賃も光熱費も払っていない。
働くと言ったのにまだ働いていない。
母のお金をあてにしてないで今すぐ働け!の一点張りです。

決して仲の良い兄妹ではありませんが、おなかの中でそんなことを思っていたのかと思ったらショックで、私がしていた介護はなんだったのか虚しくなり糸がぷちんと切れました。

兄からメールが届いても見るのが怖くて頭痛、動悸がして涙がでます。
母の食事も作らなければと思っても今日は作れませんでした。

多少の蓄えはあるのでもう少し実家でゆっくりすることはいけないことでしょうか?
稼いでいない私はダメな人間なのでしょうか?

回答する

回答・コメント

  • 2019-04-26 10:16:11
  • けいさん、こんにちは。
    母の介護を体験したナツコと申します。
    看護師です。

    私の体験をお話して恐縮ですが、成年後見人制度を利用して、母に成年後見人をつけました。
    地域包括支援センターに相談すると、成年後見人制度の説明をしてもらえると思います。

    介護は家族だけで行う必要はありません。
    介護の専門職を最大限活用して、けいさんはご自身の生活を第一に考えて暮らしましょう。
    ご参考にして頂ければ幸いです。

  • ナツコさん コメントする
  • 2019-04-27 09:58:51
  • けいさん、こんにちは。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

    お兄様がお金の管理をされている、ということは、お兄様もお近くにお住まいなのでしょうか。

    お母様が金銭管理が出来ないから、お兄様がその管理をされているはずなのに、「お金は本人に直接渡す」と判断されたのですね。

    お兄様はお母様の状態を頭では理解しているつもりでも、把握はされていないのだと思います。

    また、実際に携わらないと、どんな介護をしているのか、それがどれほどの負担となるのか、実感することは難しく、特にお金が絡む問題は、身近な方が責められがちです。

    月3万円。
    月30日で考えると、1日あたり1,000円でのやりくりです。
    月31日あれば、その1,000円すら切る計算になります。

    1日1,000円で食費と雑費を賄い、一体どこに無駄遣い出来る余裕があると言うのでしょう?

    1日1,000円では、
    息抜きにちょっと喫茶店…は高いから、せめて頑張ったご褒美にスーパーで売ってるプリンでも…
    すら難しい金額だと私は思います。

    そんな状況であることを想像もせず、
    「母のお金をあてにしてないで今すぐ働け!」
    と簡単に言えてしまうほど、失礼ながらお兄様はお金の計算の出来ない方であり、
    「あなたは母の面倒を見ているけれど、家賃も光熱費も払っていない」
    と言えてしまうほど、介護よりもお金を優先的に考えている方です。

    お金が絡むと、どんなに仲の良いきょうだいでも争いが起こりやすくなるものです。
    けいさん兄妹はもともと仲が良くないとのこと。だったら尚更だと思います。

    月3万円をどのように遣っているのか、しっかり家計簿(出来ればレシート類も保管)を付け、それを見せながら説明されることをお勧めします。
    もちろん、その3万円以外でけいさんがこの生活において、どのような事柄において貯蓄を取り崩しているのかの説明も必要になると思います。

    また、日々の介護内容や困り事、負担の大きさもお兄様に伝えてください。

    けいさんが働くことになれば、必ずやお兄様にも介護してもらわなければならない場面が出てきます。
    その時にどんな協力をしてもらえるのか、きちんと話し合いましょう。

    協力体制が整わないと、就活すら難しいと思います。
    就活の為を理由にまずは2~3日でも、お兄様に介護をお願いしてみるのも良いのではないでしょうか。
    大変さを分かってもらうのも大切なことですよ。

    今は恐怖からの頭痛や動悸で、精神的にもお疲れだと思いますが、後回しにしていては、その辛い状態が長引くばかりだと思います。
    お一人で不安であれば、第三者に同席してもらうのも、良いのではないでしょうか。

  • オカユさん コメントする
  • 2019-04-27 15:37:34
  • > オカユさん
    はじめまして。
    私事でありますが、母のディサービスを利用する前、地域包括の方の面会、ケアマネの面会、ディサービスの方との面会、母のオムツ代や、ここに手すりあったら便利だなと買う色々なもの。
    お金はかからずとも『時間』はなくなります。
    なにもかも決まった後はすんなり行くはずもなく、ディサービスの送り出し、お迎え、にゅうよく

  • うひょさん コメントする
  • 2019-04-27 15:38:54
  • はじめまして。
    私事でありますが、母のディサービスを利用する前、地域包括の方の面会、ケアマネの面会、ディサービスの方との面会、母のオムツ代や、ここに手すりあったら便利だなと買う色々なもの。
    お金はかからずとも『時間』はなくなります。
    なにもかも決まった後はすんなり行くはずもなく、ディサービスの送り出し、お迎え、入浴、はなしあいて

  • うひょさん コメントする
  • 2019-04-27 15:56:16
  • すいません。何度も切れました…

    はじめまして。
    私事でありますが、母のディサービスを利用する前、地域包括の方の面会、ケアマネの面会、ディサービスの方との面会、母のオムツ代や、ここに手すりあったら便利だなと買う色々なもの。
    お金はかからずとも『時間』はなくなります。
    なにもかも決まった後はすんなり行くはずもなく、ディサービスの送り出し、お迎え、入浴、話し相手、常に時間はない。
    では、いつ、面接に?いつ探すのか?
    恐らく『市役所に、そんなに外に出歩くなら、行く場所、場所、に応募の紙があるだろ』と言われたりしたならば、お兄様にお母様んを預かって頂くしかありません。
    『介護の現実時間』を理解していて頂くしかありません。
    お母様のたらい回しになる。
    心配でしょう。お母様はお兄様の前では普通になってしまうかもしれません。
    兄がお金の管理をすると言ったとき『応援者がいると特養には入りにくいと説明します』と言われました。何を話し何を言われたかわかりません。しかし、通帳もかなりの額の財布もワタシが管理しています。
    親のお金はなるべく使わす管理している私は、黙ってろ。と言いたいです。介護代価とは言いません。少しは援助出来ないのか?

  • うひょさん コメントする
  • 2019-04-27 16:00:45
  • > ナツコさん
    ナツコさん回答ありがとうございます。
    地域包括にはすでに相談に行きました。
    成年後見人も勧められましたが、兄はきちんとお金の管理をしているつもりなので難しいと思います。
    とにかく私の意見はまったく通らず、自立できない人間としか思っていないのでしょう。
    家を出て行くことも考えています。

  • けいさん コメントする
  • 2019-04-27 16:59:45
  • > オカユさん
    オカユさん、私の置かれている状況をきちんと把握して、わかってくださってありがとうございます、涙が出ました。
    まさにその通りです。

    兄には何を言っても怠け者の妹としか見られず、ケアマネージャーさんにまで、仕事をしていない自立できない妹などと吹聴しているのを聞いて、もうなにも話す気力がなくなり家を出ようか考え始めているところです。

    もう少し色々考えたいと思います、ありがとうございました。

  • けいさん コメントする
  • 2019-04-28 23:59:53
  • > うひょさん
    うひょさん、回答ありがとうございます。
    いろいろなところに相談しましたが、お金を出さない人ほど口出ししてくると言われました。
    本当にそうです。
    兄の金銭感覚、思いやりのなさに呆れはてています。

  • けいさん コメントする