認知症相談室

郵便局からの振込

しばねこさん
2019-03-04 09:09:00

遠くに住む認知症の母が親族からお金を貸して欲しいと頼まれて郵便局から振込んでしまいます。10万、10万と計20万で高額でも無いのですが辞めさせたいので郵便局に振込に来ても受理しないで下さい。と頼んでもお客様の依頼なので断れないと言われました。何か方法は無いのでしょうか?

回答する

回答・コメント

  • 2019-03-04 10:25:34
  • 初めまして。
    理学療法士の梅崎です。
    理学療法士になる前は、まだ国営だった頃の郵便局の正職員(公務員)でした。
    ただし、貯金課ではなく郵便課への配属でしたので、あまりお役には立てませんが、私なりの考えを書かせていただきます。

    しばねこさんがお母様の預貯金を管理し、必要な時に必要な分だけ送金する形がベストと思われますが、お母様が反対されることも考えられます。

    そこでまずは、親族の方にご連絡をされてはいかがでしょう。
    もし親族の方が、お母様が認知症であることを知ったうえで送金を依頼されているのであれば、かなり悪質だと思います。
    誰かがその親族の方に連絡しないと、今後も送金の依頼が続くと思われます。

    ・今後、送金の依頼をしないでほしい。
    ・計20万円もの高額な貸付けとなるため、念のために借用書を作らせてほしい。
    ・具体的な返済計画(返済方法、期間、一月当たりの返済金額など)を決めてほしい。
    などの連絡が必要だと思います。

    生活に必要な金額だけを通常貯金口座に残し、余剰金は定額貯金に預けるという方法もあります。
    定額貯金であれば、預入日から6ヵ月間は払い戻しできませんので、少しは安心かと思われます。
    お母様の一月分の生活費ぐらいの金額ごとに小分けに定額貯金に預け入れていけば、6ヶ月経過後に一つ(一口分)の定額貯金を払い戻して一月分の生活費とする方法もあるかと思います。
    お母様には、「定額貯金の方が利息が高いから」と説明すれば、説得しやすいと思います。
    実際、半年複利で運用されるので、僅かではありますが利息が良いです。
    ちなみに私が勤務していた頃、10年預けたら2倍になっていた時期もありますが、現在は低金利です。

    お母様、しばねこさんが穏やかに過ごせますよう、心よりお祈り申し上げます。

  • 梅崎(理学療法士)さん コメントする
  • 2019-03-05 10:06:24
  • しばねこさん、こんにちは。
    母の介護を体験したナツコと申します。
    看護師です。

    金銭に関することなので、心配ですね。
    金銭管理は、成年後見制度を利用する方法もひとつの手段かと思われます。
    私は、母の資産に関わりたくなかったので、母の資産と私の資産を明確に分けるために、成年後見制度を利用しました。

    もし、成年後見制度について詳しく知りたい場合は、お母様がお住まいの地域を担当する地域包括支援センターに、電話で相談してみてはいかがでしょう。

    ご参考にして頂ければ幸いです。

  • ナツコさん コメントする