認知症相談室

母がアルツハイマー型認知症と診断

えまさん
2019-02-06 21:53:27

母が認知症と診断されました。 あまりのショックで混乱してしまいました。今はまだ私の顔も孫の顔もわかりますが同じ事を何度も言ったり ついこの前の出来事を覚えていません。今後どのような進行をするのか不安でたまりません。

回答する

回答・コメント

  • 2019-02-08 09:34:05
  • えまさん

    はじめまして、やまこねこと申します。
    准看護師歴20年、内10年はケアマネと兼務で介護施設に勤務しておりました。
    実母は、アルツハイマー型認知症と診断されていました。

    えまさんのお母様も認知症と診断されたのですね。私も、介護の仕事をしていたにも関わらず母が認知症であると判明した時は、とてもショックでしたので、えまさんの不安がよくわかります。
    認知症にもいろいろありますが、アルツハイマー型認知症でしょうか?
    個人個人で、症状や進行などが異なってくるものですが、認知症種類によっても症状の出方や進行の仕方が異なってきます。

    えまさんやお孫さんのお顔とかの判別はつかれるけど、ついこの間の出来事を覚えておられないとの事。
    認知症の進行を遅くするためには、できるだけコミュニケーションを図るのが良いとされています。一緒にお住まいですか?もしお一人で暮らされているとかなら、できるだけお家に伺ってお話をされるのが良いと思います。
    昔の話をされたり好きだった音楽を聴いたりするのは、認知症の進行を遅くする手段です。
    また、ケアマネージャーさんとよく相談され、もし人が集まる場所がお嫌いでなければ、デイサービスなどを利用されるのも良いのではないでしょうか。えまさんが、お一人で悩まれないのが一番です。ケアマネージャーなどに、いろいろ相談して不安なども伝えてみてください。

    またアルツハイマー型認知症の場合は、少しずつ物忘れが酷くなる方が多いですが、脳梗塞などから起こる認知症の場合は、まだら認知になる場合があります。出来る時と出来ない時や、分かる時と分からない時ができるのです。脳血管性認知症の場合はそれがはっきり出る場合が多いのですが、アルツハイマー型やレビー小体型でもそういうことが起こらない訳ではありません。

    普通に問題なく覚えていたりする時があるため、覚えていない時や言った言葉がわからない時には、自分をからかっているんじゃないかと思ったりする事もあるかもしれませんが、それが認知症だと思ってください。「あの時はできたでしょ」という言葉は、ご本人さんを落ち込ませてしまうことになります。出来ない時は手伝う、出来る時は見守るような対応が良いと思います。

    もしえまさんが思っておられるような回答になっていませんでしたらすみません。
    どうぞ良い方向へ向かわれますように。

  • さん コメントする
  • 2019-02-08 20:04:12
  • > やまこねこさん
    ご返信とてもとてもありがたいです。 色々調べてはいるもののわからない事だらけで。母はアルツハイマー型認知症の中期に入っていますと診断されました。近くに住んでいながらたまにしか会わずに一年ほど前から違和感も感じていたのに 無理やりにでも病院へ行くべきでした。自分がとても情けなくなんて娘なんだろうと苦しいです。まだ薬などの処方はされていなく診断日からもう少しで1カ月たつのですが次に病院へ行くまでの間に包括センターへ行く事と介護保険の申請を済ませておくように言われましたのでその二つを済ませている最中です。 今はまだなんとか自分の生年月日などを書けるので今クレジットカード系や銀行関係を一緒に把握して支払い関係など全てキレイに今のうちにして あとは退会するものは退会して破棄出来る銀行は破棄して もうやる事が山ほどあり 毎日実家へ仕事が終わってから通っていて自分の家の事は何も出来ていなく 頭がおかしくなりそうです。ですが母も私の、顔を見たがって これまで一度も弱音を言った事のない人でしたが やはり1人では不安なんでしょうね。 親が今まで居て当たり前と思って平気で嫌な態度をとったり なのにいつかはやっぱりいなくなってしまう人なんだと痛感しています。 母は今まで幸せだったのかな?とかなんだか色んな事考えてしまって
    ごめんなさい メールをしていたらこんなに長い文章 ほんとうに今後の母の進行が不安です。私をわからなくなる時が来るなんて苦しい。

  • えまさん コメントする
  • 2019-02-12 15:58:08
  • > えまさん

    お返事返して頂きありがとうございます。やまこねこです。
    バタバタしていたため、お返事を読むのが遅くなってしまいました。

    お母様はアルツハイマー型認知症の中期になっておられるところとの事。お薬は早めに飲み始めるのが良く、効果も見えやすいとされてはいますが、中期でも全く効果がない訳じゃないと思うのですが、お薬は処方して頂けないのでしょうか。
    認知症の専門病院ですか?
    もし違いましたら、認知症の専門の病院か、規模の大きな病院の神経内科が良いと思います。
    お母様がえまさんやお孫さんを全くわからなくなられるまで、まだまだ時間はあるはずです。
    先ほど書いたように、できるだけお話をされてください。また思い出がある場所に旅行されるのも、良いかと思います。
    進行されてから旅行されると、認知症の方には負担が大きく帰られてから症状が悪化される方もいます。えまさんがお母様にできるだけ関わられることで、進行を遅らせることができるかもしれません。

    今、お母様はえまさんの顔を見たがっておられるとの事。
    えまさんの顔を見られて安心されるのです。えまさんがおられるだけで、きっと幸せに思っておられるのだと思います。

    えまさんの不安を取り除けるような良いアドバイスが出来ず、すみません。どうか良い方向に向かわれますように。

  • さん コメントする