認知症相談室

接し方

まころんさん
2019-01-12 17:02:35

両親と三人で85歳の祖母と同居しております。
祖母が認知症の診断を受けてからデイサービスを利用していますが、そこで脱水で倒れて病院で処置をしてもらい、帰宅した夜から急に幻覚を見るようになりました。
初めてのことで家族一同驚いてしまい、つい強く否定してしまいました。
後から調べてせん妄ではないかとなり、翌日の夜にまた症状が出た際は肯定したり話題をそらしたりしてみましたが、それでも30分おきぐらいで再発するので皆眠れませんでした。
その後すぐ病院に連れて行きましたが主治医の先生が不在だったため、鎮静の漢方を処方してもらい次の検診まで様子を見ることになりました。
今の所幻覚はなく、デイサービスにもこれまで通りお世話になっています。
これまでも時間の認識がおかしくなることはあったのですが、上記のことがあってからまた幻覚が始まるのではと不安になってしまいます。
恥ずかしながら私は祖母と少し折り合いが悪く、認知症と診断されてからはさらに関わるのを最小限にしていました。
幻覚を見ていた時の祖母の言動から、父に「お前が婆ちゃんを避けていたからこうなった」と言われてしまいました。
それから極力祖母と一緒にいるようにしていますが元々口下手な私は会話を続けられず、ただ一緒にいるだけになってしまいます。これでも効果があるのでしょうか。
また幻覚を見ていた祖母を思い返すと、先の不安や上記の父の言葉、祖母にされた理不尽なことなど色々思い出して動悸がしたり頭痛が起きてしまいます。
両親の負担を軽くしたいと思ってもうまく体が動きません。
とりとめなく長々と書いてしまい申し訳ないです。
祖母との接し方についてアドバイスいただければ幸いです。
家にいる時は横になったりテーブルに突っ伏していることが多くなり、話しかけるとすぐ返事が返ってくる時もあるので、ずっと眠っている訳ではないようです。
昔の写真を見える場所に置いてもみましたが、あまり興味を示しません。

回答する

回答・コメント

  • 2019-01-13 01:02:05
  • こんばんは、理学療法士6年目の介護のススメと申します。お祖母様、心配ですし質問者様も責任を感じますよね
    なかなかどう対応すればいいか?難しいと思います。
    お祖母様のせん妄はその後落ち着いていますでしょうか?
    高齢ですし脱水を起こし体力的に低下したのもせん妄が出た原因かと思います。(今後脱水を起こさないよう小まめな水分補給を促したほうがよいでしょう)

    あとできることとしては、
    環境を設定しましょう。お昼間は部屋は明るくして、生活リズムを整えましょう。
    また部屋にあるものや人が把握しやすいようにしたり、時間、日にち、場所、家族関係などがわかりやすいように、時計やカレンダー、写真などを掲示し、必要なものや使い慣れたもの(眼鏡や補聴器など)を使い安心できるようにするのも良いです。
    お話が続かないようであればお祖母様に何か趣味があるのであれば、(board gameや俳句やものつくりなどの作業とか)話さずに一緒に取り組見やすいかもしれません。

    また日中の過ごし方も少し検討しても良いと思います。(日中ぼーっとしてる時間が長いご様子なので)ご家族だけで対応するには限界もあります。
    介護保険内サービス上限がまだ残っているのであれば、デイサービスを増やしてはどうでしょう。

    もしせん妄のような症状が出た時は、興奮状態にあるので否定せずに安心させるため傾聴するのが良いかと思います。

    投稿者様も思いつめず、まだまだ寒いので風邪に気をつけてくださいね。

  • 介護のススメくんさん コメントする
  • 2019-01-14 18:06:09
  • 初めまして。
    理学療法士の梅崎です。
    医療保険分野(急性期、回復期、慢性期)で6年間、介護保険分野(デイケア:通所リハビリテーション)にて2年間ほど働いております。
    また、認知症になった別居の祖父(母方)を、週2日通って1年間ほど介護を手伝った経験もあります。

    ご祖母様のご様子、ご心配のことと存じます。
    ご相談内容を読ませていただきましたが、やはりせん妄ではないかと思われます。
    という訳で、まずはせん妄について書かせていただきます。

    せん妄は、感染、発熱、下痢、便秘、脱水、薬剤の副作用などが誘因となることも多く、今回は脱水によってせん妄が起こったのかもしれません。
    日頃の体調管理や、こまめな水分補給が重要です。

    せん妄は、夕方から夜間に好発し日中には消退するという、睡眠・覚醒リズムの障害が現れやすく、睡眠・覚醒リズムの障害が改善されると、症状も改善されることが多いです。
    日中は、無理なく実践できる範囲でお散歩や運動、ご趣味などを取り入れ、夜はぐっすり眠れるよう生活リズムを整えてみましょう。
    可能であれば、太陽の光が差し込む部屋を寝室にすることで、体内時計が整いやすくなります。

    聴覚、視覚、触覚に対する適度な刺激も効果的とされ、日中はラジオを聞かせる、眼鏡や補聴器を使用している方であれば、それらを装着してもらう、アナログ時計やカレンダーなどを傍に置いておくのも、せん妄の症状を軽減させる可能性があります。

    朝食をしっかりと食べることで身体が目覚めやすくなり、1日3食、規則正しく食事を摂ることも重要です。
    就寝前に排泄を済ませ、マッサージ、静かな音楽を流すなどして、リラックスした状態で睡眠を促す環境づくりも効果があります。

    せん妄症状が出た場合は、まず周囲の方が落ち着くことが大事です。
    不穏、興奮、幻覚などがみられた場合は、無理に静止したり反論したりするとさらに興奮して、暴言や暴力に発展する場合もありますので、決して焦らず静かに様子を観察しましょう。
    ご祖母様に付き添い、優しく話しかけるようにします。
    ご祖母様の名前を優しく呼びかけ、話しかけている方の名前とすぐ傍にいること、今いる場所や時間などを教え、大丈夫な旨を伝えます。
    ご本人が安心できる対応を心がけ、落ち着いてもらい、安心してもらうことが大切です。
    意識がはっきりしていない場合もありますので、ご祖母様の顔を見て、ゆっくりはっきり話しかけるよう心がけてください。

    話を否定せず、きちんと聞くことも大切です。
    どうしてそのような行動をしているのか、訴えをしっかりと聞いてみて下さい。
    不安や恐怖を一番に感じているのはご祖母様です。
    おかしいと思っても決して否定せずに、話に理解を示して下さい。
    せん妄の方は、周囲の方に気持ちを分かってもらえたと思うと、安心されることが多いです。

    次にまころんさんの対応について書かせてください。
    『幻覚を見ていた時の祖母の言動から、父に「お前が婆ちゃんを避けていたからこうなった」と言われてしまいました』
    とありますが、まころんさんは全く気にする必要はありません。
    お父様もイライラや不安が募って、つい口走ってしまわれただけでしょう。
    繰り返しになりますが、大事なことなのでもう一度書きます。
    まころんさんが気にされる必要は全くないです。

    ご祖母様のことを心配して、少しでも良い接し方ができるようにと、こうして相談コーナーに投稿されてらっしゃるぐらいですから、十分に良いお孫さんですよ。
    家族との少々の折り合いの悪さなど、どなたでも心当たりがあるのではないでしょうか。

    『元々口下手な私は会話を続けられず、ただ一緒にいるだけになってしまいます』
    とのことですが、一緒にいるだけで十分に良いと思いますよ。
    まころんさんがご無理をされている様子をご祖母様が見られたら、ご祖母様も落ち着かないのではないでしょうか。
    まころんさんらしい姿をお見せするのが一番だと思います。

    他の回答者さんがすでに書かれていますが、ボードゲーム(双六など)、俳句作り、物作りなど良いですね。
    その他、ご祖母様が子供の頃に熱中されていた遊び(例えばお手玉、おはじき、かるた、けん玉など)があれば、一緒に遊んでみましょう。
    ご祖母様の子供の頃の話など、昔話をただ聞くだけ、ただ相槌を打つだけでも、すごく喜ばれると思います。
    特に会話がなくとも十分に楽しく過ごせるはずです。

    本来なら、読みやすいように簡潔にまとめて書くべきなのでしょうが、まころんさんにとって大切と思われることを書かせていただきました。
    長くなってしまい申し訳ありません。

    末筆になりましたが、ご祖母様、まころんさん、ご家族様が平穏に過ごせますよう、心よりお祈り申し上げます。

  • 梅崎(理学療法士)さん コメントする
  • 2019-01-15 00:21:42
  • > 介護のススメくんさん
    返信ありがとうございます。
    今の所幻覚はありません。前からあった見当識の低下や妄想とはいかないまでも思い込みの強い所はそのままなので、まだドキッとすることはあります。
    アドバイス頂いた自宅でできそうなことは実践してみたいと思います。
    デイサービスは週2から3に増やしたばかりだったので、さらに増やすかは様子を見て、とのことでした。
    これまで夕食が終わると皆部屋に戻って祖母一人になり、入浴が済むと寝かせる、という生活だったのですが、せん妄が起きてからはあまりに遅くなる場合を除いて祖母に任せ、その間は茶の間で一緒にいてすぐ戻らないようにしようとなりました。
    幸い自主的に寝てくれるのですが、茶の間の電気がついていると気になるのか頻繁に起きてきて確認するようになりました。
    トイレに行くフリまでして確認するので、夜はこれまでのパターンに戻すか一緒に寝ることにして電気を消し、用事がある時はある程度時間が経ってから茶の間に戻るか検討中です。
    お気遣いいただきありがとうございました。

  • まころんさん コメントする
  • 2019-01-15 00:39:57
  • > 梅崎(理学療法士)さん
    返信ありがとうございます。
    今の所幻覚はありません。前からあった見当識の低下や妄想とはいかないまでも思い込みの強い所はそのままなので、まだドキッとすることはあります。
    アドバイス頂いてできそうなことは実践してみたいと思います。
    これまで夕食が終わると皆部屋に戻って祖母一人になり、入浴が済むと寝かせる、という生活だったのですが、せん妄が起きてからはあまりに遅くなる場合を除いて祖母に任せ、その間は茶の間で一緒にいてすぐ戻らないようにしようとなりました。
    幸い自主的に寝てくれるのですが、茶の間の電気がついていると気になるのか頻繁に起きてきて確認するようになりました。
    トイレに行くフリまでして確認するので、夜はこれまでのパターンに戻すか一緒に寝ることにして電気を消し、用事がある時はある程度時間が経ってから茶の間に戻るか検討中です。
    親族や友人には祖母との関係でストレスを感じたりそれで体調が崩れることを理解してもらえなかったので、気にする必要はないとおっしゃって頂き気持ちが楽になりました。
    お気遣いいただきありがとうございました。

  • まころんさん コメントする