認知症相談室

トイレタンクのフタを動かしてトラブルになります

zukkoさん
2019-01-10 17:40:45

母はなぜだかトイレタンクのフタが気になるのか、トイレに入るたびに動かしたり外したりして、手洗い管が外れ、床を水浸しにするトラブルが耐えません。
動かすことはかまいませんが、水浸しになるのは困るので、フタを固定するなど何か対処方法を探しています。
いいアイデアがある方はどうぞお教えください。

回答する

回答・コメント

  • 2019-01-10 20:32:50
  •  zukkoさん、はじめまして。看護師歴15年のななみ☆と申します。高齢者看護ひとすじ、これまで多くの認知症の方々と関わってきました。

     相談の内容なのですが、お母様の様子をもう少し詳しく教えていただいてもよろしいですか?
     具体的になんですが、お母様はトイレのタンクを動かすことに関して、理由をおっしゃっていますか?それとも、そのことを忘れてしまっているのでしょうか?
     お母様のご様子によってアドバイス内容も変わってきますので、教えていただければと思います。

  • ななみ☆さん コメントする
  • 2019-01-10 22:59:27
  • こんばんは、理学療法士6年目の介護のススメと申します。
    お母様がトイレのタンクが気になるとのことですが、その際お母様は何かおっしゃっていますでしょうか??例えばなにかを探している、単純に中が気になるなど
    そのタンクを開けたい理由を解決する方法を考えるのが良いなと思います。
    単純に気になるのであれば、タンクを固定してしまう、または開けるな!などの張り紙をするのはどうでしょうか?

  • 介護のススメくんさん コメントする
  • 2019-01-11 23:25:06
  • > ななみ☆さん
    ありがとうございます。
    トイレタンクのフタを動かすことについて、母に聞いても、自分はそんなことはしていないと怒るので、理由はまったくわかりません。
    母は家中の目に付いたり気になった物は何でも剥がしたり、動かしたり、引っこ抜いたりします。タオルハンガーやトイレの簡易棚など、どこからこんな力が出るのか理解できないほど無理矢理もぎ取ります。
    家中の物が毎日移動していて、母は隠す天才です。さっきここにあったはずの物がなくなっていて、毎日探すのに苦労します。食べ物も洋服もトイレットペーパーも区別なく、タンスに隠してあります。怒らないように我慢していますが、きついです。

  • zukkoさん コメントする
  • 2019-01-11 23:25:55
  • > 介護のススメくんさん
    ありがとうございます。
    トイレタンクのフタを動かすことについて、母に聞いても、自分はそんなことはしていないと怒るので、理由はまったくわかりません。
    母は家中の目に付いたり気になった物は何でも剥がしたり、動かしたり、引っこ抜いたりします。タオルハンガーやトイレの簡易棚など、どこからこんな力が出るのか理解できないほど無理矢理もぎ取ります。
    家中の物が毎日移動していて、母は隠す天才です。さっきここにあったはずの物がなくなっていて、毎日探すのに苦労します。食べ物も洋服もトイレットペーパーも区別なく、タンスに隠してあります。怒らないように我慢していますが、きついです。

  • zukkoさん コメントする
  • 2019-01-12 16:14:10
  • 初めまして。
    理学療法士の梅崎です。
    医療保険分野(急性期、回復期、慢性期)で6年間、介護保険分野(デイケア:通所リハビリテーション)にて2年間ほど働いております。
    また、認知症になった別居の祖父(母方)を、週2日通って1年間ほど介護を手伝った経験もあります。

    発想の転換で、トイレタンクのフタを最初から外されていたらどうでしょうか。
    トイレタンクの大きさが、お母様のお顔が入るサイズですと危険ですが、それよりも小さいサイズですと危険はないかと思われます。
    または、フタを外した後に網(ネット)を被せても良いかもしれません。

    見当違いかもしれませんが、床の水浸しを避けるために一度、検討されてみても良いのではないかと思います。

    zukkoさんおよびお母様が平穏に過ごされますよう、心よりお祈り申し上げます。

  • 梅崎(理学療法士)さん コメントする
  • 2019-01-12 17:17:39
  • > zukkoさん
     
     お返事ありがとうございます。
     状況はよくわかりました。お母様のご様子が落ち着かず、毎日が大変なのですね。心中お察しします。

     zukkoさんがこの掲示板に書き込みをされたということは、お母様は認知症の疑いがあるのでしょうか?(それとももう診断されているのでしょうか?)
     すでにご存知かもしれませんが、お母様の今の症状を見ると、収集癖という症状によく似ていますね。 

     収集癖のある場合、本人は集めたことをたいてい忘れています。また、その行動の裏には満たされない気持ちや不安な気持ちがあります。
    お母様はどんな時に、そんな物をいじったり隠したりしますか?そのパターンがわかれば、お母様の隠された気持ちがわかるかもしれません。

     実際の対策ですが、本当に隠されては困る物は見つからない場所にしまうことをおすすめします。トイレのタンクなどもいじられては困りますから、いじられないように固定したほうがいいですね。(力が強いとのことなので、より強力に固定する方法を考えないとですね。)

     お母様はおいくつで、家でどんなふうに過ごされているのでしょうか?
     もし家にこもりがちで外と交流がないのであれば、老人会など地域の交流に参加してみるのはいかがでしょうか。寂しさや心配が紛れて、収集行動が減るかもしれません。

     以上、拙いアドバイスですが、参考にしてくださいね。
     お母様の状態が早く落ち着きますように☆

  • ななみ☆さん コメントする
  • 2019-01-12 18:50:04
  • > 梅崎(理学療法士)さん
    早々のアドバイスをありがとうございます。
    トイレタンクのフタを外してしまうと、フタに接続されている手洗い管用のホースがむき出しになり、噴水のように水が噴出してしまうことがわかりましたので、この方法は叶いません。
    何かでフタが動かないように固定するしかないのかなと考えていますが、いくつかの水道工事会社に相談しても、タンクのフタは基本的に修理時以外にいじらないものなので動かさないようにしてくださいとしか言えず、フタを固定することはできないとの返事をもらいました。
    なかなか難しいです。

  • zukkoさん コメントする
  • 2019-01-12 19:02:26
  • > ななみ☆さん
    ありがとうございます。
    母は数年前からもの忘れ外来に通院していて、認知症の薬を処方されています。
    収集癖という症状があるのですか。初めて知りました。
    確かに家の中の目に付く物をなんでもタンスや引き出しなどに隠してしまうので見つけるのに苦労します。食べ物も靴も場所に関係なしにしまいこむので、物の正しい置き場所や衛生観念がなくなってきていると感じています。
    トイレについては水道工事会社に相談したのですが、タンクのフタは基本的に修理時以外にいじらないものなので動かさないようにしてくださいとしか言えず、フタを固定できないとのことでした。
    トイレタンクのフタを動かすことには母本人にしか分からない何か理由があるのでしょうが、家族にとっては理解が出来ず、困ってしまいます。

  • zukkoさん コメントする
  • 2019-01-13 17:08:42
  • > zukkoさん
     
     トイレのタンクを外すことも、固定することもできないのですね。それは困りましたね。お母様のトイレのたびについて行くこともできませんしね。

     お母様ですが、おトイレの失敗などはないですか?関係があるとしたら、失敗したことを隠そうとしていることが考えられないかと思いました。 

     あとは、トイレのタンクのフタを外すということは、中が気になるということでしょうか。何かを探しているのかもしれませんね。どんなものを多く集めて隠そうとしますか?何かパターンがあるんでしょうか。
     あとは水が気になるのかもしれませんね。食事や水分をとったことを忘れたりしていませんか?

     お母様は介護認定は受けられていますでしょうか。やはり家庭で対策を取るのには、限界があります。デイサービスなど、本人が家庭外で過ごす時間をもつことも必要だと思います。(すでに利用していたらごめんなさい。)

     また、収集癖がもっと酷くなってくるようであれば、かかりつけ医にいちど相談してみることをおすすめします。相談にのってくれますよ。

  • ななみ☆さん コメントする
  • 2019-01-14 08:42:33
  • > ななみ☆さん
    ありがとうございます。
    そうですね、何かを探しているのかもしれません。
    母は一人でいるときは、始終部屋の中のものを出したりしまったりしているので、毎日いろいろなものが違う場所にあります。
    特定のものを集めるわけではなく、目に入ったものや気になったものをタンスや本棚にしまうだけなので、母は「こんなところに出しておいたら誰かに取られたり、なくなったりするかも!」と心配なのかもしれません。
    介護認定は申請中です。生活の基本(歯磨き、食事、入浴、着替え、トイレなど)は母はまだ自分でできますが、過敏さや不安感が強くなってきて、何をするにも「おっかない」と言うようになったので、介護認定を受けることにしました。

  • zukkoさん コメントする
  • 2019-01-14 10:00:08
  • ご返信ありがとうございます。
    手洗い管用のホースがフタに接続されているタイプなのですね。
    フタを外すのも固定するのも困難とのことですから、良い案が浮かびません。

    それでも現状のままでは何も変わりませんので、少しでも可能性があるかもしれないと思われる案を以下に記載します。
    馬鹿馬鹿しい考えと思われるでしょうが、ご一読いただけますと幸いです。

    ① 手洗い管を避けてフタの上に小さい板か何かを載せ、その板の上に小さい観葉植物などを置いてみて、お母様に水やりなどの世話をしてもらう。
    もちろん、鉢は割れない材質(プラスチック、ビニールなど)の物を選択します。

    ② 上記と同じで小さい水槽(金魚、亀など)を置いて、お母様に餌やりなどの世話をしてもらう。
    もちろん、鉢は割れない材質(プラスチック)の物を選択します。
    ただ、今の時期は暖房が入ってないと冬眠する可能性が高いです。

    ③ ①と同じで、上に何かお母様の興味がある物を飾る。

    ④ タンク自体を大きい布か何かですっぽり覆う。
    または、天井から大きな布を下げ、タンクが見えないようにする。

    以上ですが、どの案もそれぞれの物を別の場所に移動させてしまう可能性が高いように思えます。
    しかし、何もしないと何も変わりませんので、他に妙案が無い場合にはご検討ください。

    zukkoさんおよびお母様が平穏に過ごされますよう、心よりお祈り申し上げます。

  • 梅崎(理学療法士)さん コメントする
  • 2019-01-14 10:46:42
  • > zukkoさん

     そうですか。介護保険の申請中なのですね。ご本人もまだ物忘れの自覚があって、きっと混乱している状態なのでしょうね。

     申請が通って何かしらの支援が受けられるようになれば、きっといい方向に向かうと思いますよ。担当の方に事情をよくお話しして、サービス内容を相談してみて下さいね。
     
     トイレのタンクに関しては、いいアイディアが浮かばなくてごめんなさい。

     あとは、お母様はまだ認知症の初期なようですから、『壊れるのでここは開けないで下さい』とタンクのフタに張り紙をするのはどうでしょうか。言葉で言っても時間がたつと忘れてしまいますが、トイレに入って目につけば気にしてくれるかもしれせん。

  • ななみ☆さん コメントする
  • 2019-01-14 11:46:25
  • > 梅崎(理学療法士)さん
    ご提案ありがとうございます。
    なるほど。好きなもので飾って、興味をそちらにそらすのですね。
    いいかもしれません。
    ガラスビーズや小石などでデコレーションしている方もいらっしゃいますよね。
    母は花と子どもがとても好きなので、まずは造花などを飾ってみようと思います。

  • zukkoさん コメントする
  • 2019-01-14 11:57:53
  • > ななみ☆さん
    ありがとうございます。
    張り紙は命令されているように思って気に入らないのか、母はすぐにはがしてしまいますが、根気よく張り続けてみることにします。
    母は私といるときは元気ですが、朝起きた時や、夜中に目が覚めた時、一人でいることが怖いと感じるようで、タンスや本棚の中をがさがさしたり、家具を動かしてみたりと不思議な行動をします。
    毎日よく分からないとつぶやいているので、もの忘れの自覚がある分、不安なのだと思います。
    焦らずに付き合っていこうと思っています。

  • zukkoさん コメントする
  • 2019-01-14 14:48:03
  • > zukkoさん

    再度のご返信ありがとうございます。

    お母様はお花と子どもさんがお好きなのですね。
    それでは、タンクのフタの上に飾ることと併せて、フタとタンク本体の合わさる部分に、お花や子どもの絵などを張ることをご検討されてはいかがでしょう。

    お母様がお花や子どもの絵が破損しないようにと、タンクのフタを持ち上げないように気を配られるかもしれませんね。
    お母様の好きなものが分かり、おぼろげながら解決の糸口が見えてきたように感じます。

    この案が妙案となりますよう、切に願っています。

  • 梅崎(理学療法士)さん コメントする
  • 2019-01-14 15:24:25
  • > 梅崎(理学療法士)さん

    妙案ありがとうございました。

  • zukkoさん コメントする