認知症相談室

施設入居中の母の帰宅願望の対処について

遠距離介護迷子さん
2019-01-10 06:55:15

アルツハイマー型認知症と診断されてもうじき5年になる80歳の母について相談いたします。
2ヶ月前に父が亡くなり、同時期に母は公立の老人福祉施設へ入所となりました。現在要介護1です。
帰宅願望がとても強く興奮することも多いようで、施設の方でも母の言動に職員の方が振り回されているようで対応に困っております。
施設の対応に不満もあります。その場しのぎの言いくるめるような話をしているようで母に見破られています。興奮が強い時は安定剤を服用させているそうですが効かないことが多いそうです。
このような状態の母にどう対処していったら心穏やかに暮らせるようになるでしょうか?
本人の希望通り自宅に帰らすことができれば問題は解決するのかもしれませんが、諸事情によりそれはできないという前提で対処方法をご教示下さいますようお願いいたします。

回答する

回答・コメント

  • 2019-01-10 22:00:56
  • 遠距離介護迷子さんへ

    はじめまして、やまこねこと申します。
    准看護師歴は20年で内、10年は老人ホームで勤務しておりました。また実母はアルツハイマー型認知症と診断されていました。(一昨年亡くなりました)

    遠距離介護迷子さんのお母様もアルツハイマー型認知症と診断されているのですね。要介護1で福祉施設に入所されておられても、自宅へ帰りたいという思いが強いとの事。

    要介護1で入所されているのを考えると、老健か介護療養型医療施設ではないですか?
    老健や介護療養型医療施設など、医師が常勤している施設であれば、ご状態を診察しておられるはずだと思うのですが、帰宅願望や興奮が見られてもその他にはあまり症状がない場合、アルツハイマーのお薬の副作用で興奮が出る場合があるため、興奮がお薬のせいではないかとも考えてしまいます。

    また施設入所がお父様が亡くなったのと同時であったと書かれていますので、ショックと重なっておられるのではないかと思うのですが・・・。

    自宅には帰ることが難しいとのことですが、何かお母様の自宅への思いがあるのではないでしょうか。帰りたいという思いを、聞いてあげるだけでも違うと思います。
    認知症の方への対応の仕方に傾聴というものがあります。認知症の方の行動は、何かしらの意味を持っている場合が多いのです。自宅には帰れないなど否定的な言葉を出さず、帰りたい理由をしっかり聞いてあげるのも興奮を鎮めることに繋がると思います。

    その場しのぎのことを言うというのは、信頼関係がなくなってしまう可能性があります。不安であることを上手く伝えられず興奮になっているかもしれません。
    ご家族がお話を聞いてあげることができるのであれば、身体の一部(手や腕や肩など)を触りながら、ゆっくり話しかけてあげてみてください。

    あまり良いアドバイスになっていないかもしれず、申し訳ありません。
    どうぞお母様の興奮が治まりますように。

  • やまこねこさん コメントする
  • 2019-01-11 09:48:56
  •  遠距離介護迷子さん、はじめまして。看護師歴15年のななみ☆と申します。高齢者看護ひとすじ、これまで多くの認知症の方々と関わってきました。
     
     お母様はアルツハイマー型認知症で帰宅願望がとても強いのですね。ご家族としては、帰りたいと言われても叶えてさしあげられないのが心苦しいですよね。心中お察しします。

     帰宅願望は、認知症の方々に多い症状のひとつです。
     『なぜ家に帰れないのか』『なぜここにいなければいないのか』理解が難しい状態です。気持ちが落ち着かず、とても不安な気持ちになっているんですね。
     
     対応としては、まず「『帰れない』とはっきり否定しないこと。ご本人にとっては受け入れられないことなので、怒りを煽ってしまいます。(否定しないことが、一時しのぎのような態度に見えるかもしれません。)
     その時に大切なのが、ご本人の不安に寄り添うような態度で接することです。『あなたの気持ちはわかってますよ』『あなたの味方ですよ』と。受け入れられていると思えれば、ご本人の興奮も少しでも落ち着くのではないでしょうか。

     ご家族としては、ご本人の訴えをゆっくり、優しく聞いてさしあげてください。もしかしたら、帰宅願望のなかに、スタッフが気づいていないような何か気になっていること、お辛いことが隠されているかもしれません。穏やかに過ごすためにも、解決できることはしてさしあげたいですよね。
     
     また、『興奮が強い時は安定剤を服用させているそうですが効かないことが多いそうです。』とのことですが、こちらに関しては、スタッフにぜひ相談してみて下さい。(医師がいれば医師に、看護師がいれば看護師に。介護職員しかいない場合は、医師や看護師に相談して欲しいと伝えて下さいね。)安定剤にも様々な種類があり、お母様の状態に合った薬が見つかるかもしれません。

     以上、拙いアドバイスですが参考にして下さい。
     お母様が早く穏やかな生活を送れるようになりますよに☆

  • ななみ☆さん コメントする
  • 2019-01-11 11:28:12
  • やまこねこさん アドバイスありがとうございます。
    仰る通り、施設の方と信頼関係が築けるような対話や対応がされていません。それで悩んでいます。頻繁に母の元へ訪れることができるのならば、母の気持ちも少しは落ち着くのかもしれませんが・・・
    ありがとうございました。

  • 遠距離介護迷子さん コメントする
  • 2019-01-11 11:47:51
  • ななみ☆さん アドバイスありがとうございました。
    今までアドバイスにあったように母の訴えを否定せず、気持ちを受け止めて聞いていましたが、帰宅願望に伴う母の言動は強くなるばかりで最近では「絶対に負けないから。」「死ねばいいんだな。」とまで言われて母の苦しみをどうにもできないことに心が折れそうです。
    ありがとうございました。

  • 遠距離介護迷子さん コメントする
  • 2019-01-11 21:33:08
  • > 遠距離介護迷子さん
     返信していただきありがとうございます。

     『「死ねばいいんだな。」とまで言われて母の苦しみをどうにもできないことに心が折れそうです。』
     ご本人もお辛いのでしょうが、言われるほうも本当にお辛いですよね…。

     認知症の症状には波があります。今は一番症状が悪化している時期なのかもしれません。内服調整やスタッフへの接遇の改善要請などをしてみて下さい。時間が経てば落ち着くときが来ると思います。

     そして、遠距離介護迷子さん自身が面会に行ってお辛いのであれば、面会の頻度を少し減らしてもいいと思いますよ。お母様のことが心配だとは思いますが、自分自身も大切にして欲しいと思います。

  • ななみ☆さん コメントする
  • 2019-01-11 22:28:08
  • 遠距離介護迷子さん

    お返事頂きましてありがとうございます。

    そうですね、施設の方と信頼関係ができておられないために
    お母様が不安になっておられ興奮もなくならないのかもしれません。
    でも、遠距離介護迷子さんが訪問された時は、今までもお母様のお話しを傾聴されているとの事。よく頑張られているのに、興奮が治まらないのは悲しいですね・・・。

    今まで傾聴されても興奮が治まらなかったとの事ですが、興奮が見られたら違う話題にすりかえることはできませんか?
    興奮し初めに、お母様が好きだった食べ物や、趣味の話など、帰りたいという話題から違う話題に変えると、興奮をそらせる事ができる場合があります。
    これはその場限りの対応ではなく、興奮を鎮める方法の一つです。
    話題を変えるだけでなく、回想法と言って昔の話をするのは、認知症のリハビリの一つです。
    頻回には訪問できないとの事ですが、遠距離介護迷子さんが訪問された時で良いですので、お母様の好きだった事や昔の話を思い出してお話ししてみてください。

    遠距離介護迷子さんのご負担がすぐ取れるようなアドバイスができず、すみません。
    どうか良い方向に向かわれますように

  • やまこねこさん コメントする