認知症相談室

両親と妹から内容証明郵便で絶縁状が届きました

ハムたんさん
2018-11-26 07:43:53

二週間ほど前、両親と妹からの代理人(弁護士)名義で
内容証明郵便が届きました。
内容は訪問や電話メールをするな。金品もいらない。敷地に入るな。
守らないなら警察を呼ぶ。これらの内容を合意書として締結させる。
しないなら調停をすると言う、事実上の絶縁という内容です。

妹は両親と同居・独身で子供もいません。五十代半ば。無職です。
私は結婚して子供もおり実家を出て、
車で十五分ほどの近くに住んでいます。
両親は八十代。平均余命を過ぎているので、
私は介護を心配しています。

妹はむかしからかわいがられて、なにもしないので
現在高齢の母が、よたよたしながら
父と妹との世話をしています。

母は、自分が妹パンツまで洗濯しているから大丈夫だと言います。
掃除洗濯食事の支度、母がしているのだと言います。
そして、いい歳の外見おばさんの妹が、
高齢でよたよたしている父と母をパパ・ママと呼び
その光景がとっても気持ちが悪かったので
私が気が付いてほしくて父をおじいちゃん(私には子供がいますから
手前、いつもお爺ちゃん、おばぁちゃんと呼び掛けていました。)
と呼ぶとすごく怒っていました。


私は介護を心配しているし、両親が亡くなった後の妹の生活もあるので
収入や資産の状態なども心配しています。

というのは、妹は十年ほど前、喫茶店を経営し、
毎月十万円ほどの赤字で、母は反対し、父は仕方なく保証人になったと
聞かされていたから、余計に心配なのです。

たとえ嘘でも、妹が喫茶店を初めて無職から脱出し
毎月何とか利益が出て生活も安定しだしたと言われたなら
口も出さないのですが、反対して仕方なく保証人になったとか
赤字だとか聞かされたので、親と妹をとても心配しています。

そういうことを説明したのですが、逆に責められているとか
侮辱とか暴言だとか受け取ったみたいで
そのように内容証明に書いてあったのですが
それでもう、付き合いたくないという事らしいのです。

ですが、三年前には、私が何もしないとか、様子を見に来ないとか
介護をするとか、協力せよ見たいな言い方もされているので
それで、自分の親だし、介護には参加するつもりでいたのですが
内容証明郵便が届いたので、わかる方にご意見をいただきたく
投稿いたしました。


話が通じてないですよね。理解できてないです。
初めは感情の行き違いだけかなと、説明すればわかるかと
一生懸命すればするほど、責めていると受け止めるようで・・・
ボケとか認知症かもしれません。
お手上げ状態です。

回答する

回答・コメント

  • 2018-11-30 17:38:24
  • ハムたんさん

    こんにちは、kazunekoと申します。
    看護師歴25年以上、神経内科病棟10年の経験があります看護師です。認知症の母がおります。

    突然、弁護士さんから内容証明郵便が届いたとのこと。さぞや驚かれて、ショックもおありだったでしょう。ご実家の敷地に入るなとは、おだやかではありませんね。

    このようなご相談には、司法関係の方が適任と思いますが、「認知症かもしれません」とのことなので、私なりの回答をさせていただきます。

    ご両親は、法律関係にお詳しいのでしょうか?そうであれば、ご両親と妹さんとが何らかの相談を弁護士さんにされて、今回の行動を起こされたのかもしれません。

    しかし、ご両親が法律関係に明るくないならば、妹さんのご意見に押し切られて、このような行動になったとも考えられます。内容証明郵便は、「言った言わない」の水掛け論を防止する役割と考えられます。
    妹さんに何らかのお考えがあって、「姉にこのような申し出をした」と後々証拠を残すために、弁護士さんに相談したのかもしれません。いずれにしても、憶測でしかありません。

    ハムたんさんのお考えが、
    (1)妹さんが認知症のご両親の権利をはく奪している
    (2)妹さんが認知症のご両親の財産を奪い取ろうとしている
    などの心配があるならば、ご自身も弁護士さんに相談されて、対処するという方法もあるでしょう。

    しかし、現在の時点では実家のご両親と妹さんを、少し離れた立場で見守るという方法もあるかと思います。

    兄弟は他人の始まり。
    人の心は移ろいやすい。
    昔の人の言葉は、言い得て妙です。

    ご両親の介護が発生して、妹さんがSOSを発信してくるまで、少し距離を置いてもよいのではないかと思います。親はいつまでも親です。妹さんの世話を焼くことで、何らかの穴埋めをしているかもしれません。

    妹さんは、ハムたんさんをうらやましく思っているのかもしれません。ハムたんさんばかり、幸せに見えるのかもしれません。妹さん自身が老後の不安があるのかもしれません。

    妹さんの気分が落ち着くまで、少しそっとして置いたらいかがでしょう?

    長々と失礼いたしました。

  • kazunekoさん コメントする
  • 2018-11-30 18:48:15
  • > kazunekoさん
    お返事ありがとうございました。
    内容証明郵便は、
    郵便局に写しが保存されたお手紙という意味しかないし
    親とは会話ができる状態ではないので、
    むしろ考え方が分かってよかったです。


    お墓を秘密裏に移して、
    お墓参りしてもらいたくないと言っていたので
    死亡も知らせない気はないと言っていました。
    SOSを発信してくるまで待つなら
    そういう関係なら借金を作ったっていいわけですから
    怖いですね。

    やはり介護には介入すべきだと思いました。

  • ハムたんさん コメントする
  • 2018-12-05 09:07:20
  • > ハムたんさん
    返信ありがとうございました。私の身近な親戚でも、親の介護を巡って兄弟の仲がギクシャクしてしまったケースがあります。お金が絡むとなおさらです。

    ハムたんさんと妹さんが、いつか和解できる日が来ることをお祈りします。

  • kazunekoさん コメントする
  • 2018-12-05 09:51:04
  • > kazunekoさん
    こちらこそご返信ありがとうございます。
    法律面からは弁護士様と相談しております。
    「調停」という手もあるのですが私の方は、
    要は今はよくても妹が病気やけがで親の介護ができなくなった場合
    どうなるの?だから介護をお手伝いしますよ。
    しなくてよいなら経済的な援助をしますよ。
    と言うことで争っている点がないので
    調停したらますます妹が意地を張るのでないか心配しています。


    何かいい方法ないですかね。
    近いので、孤独死とかさせたくないですよね・・・
    ご近所の目があるし、近隣の方は迷惑だろうし

    そういう事どうやったらわかってもらえばいいのか。

  • ハムたんさん コメントする
  • 2018-12-05 18:43:54
  • > ハムたんさん
    コメントありがとうございます。そうですね、妹さんが体調を崩されることも、あるかもしれませんものね。

    遠距離介護の経験者のブログなどでは、地域包括支援センター、自治体の介護課、福祉課、社会福祉協議会、民生委員さんなどに見守りを相談・お願いするという方法が書かれていました。

    ある程度の事情を話す必要があるのと、ハムたんさんからの依頼だと知られないように注意する必要はありますが、その問題をクリアできれば、妹さんやご両親の様子など知ることができるかもしれません。

    関係機関の方には、妹さんが介護できない様子なら、ハムたんさんに連絡が来るようにしたらよいのかと。自治体では高齢でない同居人がいると、高齢者の見守りの対象にならないかもしれません。地域包括支援センターなら、高齢者の生活の困りごとの相談に乗ってくれると思います。

    妹さんに知られずに裏から、側面から、見守りできる体制になるとよいですね。正面から向き合おうとすると、ご心配の通り意地を張ってしまわれるかもしれませんね。

    時間が解決する問題もあると思います。幸い、ご両親はお元気のようですから、弁護士さんに相談しつつ、見守りの方法を探すという方向でいかがでしょうか?

  • kazunekoさん コメントする
  • 2018-12-06 08:54:33
  • > kazunekoさん
    >遠距離介護の経験者のブログなどでは、地域包括支援センター、自治体の介護課、福祉課、社会福祉協議会、民生委員さんなどに見守りを相談・お願いするという方法が書かれていました。

    地域包括センターには連絡したのですが
    法律関係みたいだからとたらいまわしみたいにいわれてしまいました。
    自分のようなケースも遠距離介護とは思いもよりませんでした。
    勉強不足ですね。
    もし参考になりそうなサイトがあれば、
    教えていただけたらありがたいです。

    >ある程度の事情を話す必要があるのと、ハムたんさんからの依頼だと知られないように注意する必要はありますが、その問題をクリアできれば、妹さんやご両親の様子など知ることができるかもしれません。


    そうですね。ありがとうございます。
    又何かありましたらこちらのサイトをご利用させてください。
    その時はよろしくお願いいたします。

  • ハムたんさん コメントする