認知症相談室

レビー小体型認知症で要介護2の夫のせん妄を減らす方法

ノブリンさん
2018-10-28 14:07:25

今年8月に要介護2と認定されたレビー小体型認知症の夫は、せん妄がひどくなりました。突然スイッチが入り夜叉のような顔になり、ウロウロと歩き始め、話も通じなくなります。抑肝散を飲んで30分ぐらいすると解凍します。服薬は認知症系ドパコール、エビリファイ、抑肝散とリバスタッチテープ、フェルガード100M2包です。心房細動にワソランとリクシアナ、前立腺肥大にフリパスを服薬しています。せん妄のたにデーセンターでも昼過ぎには帰ってきます。なんとか、せん妄を和らげる方法はありませんでしょうか?

回答する

回答・コメント

  • 2018-10-29 00:01:13
  • ノブリンさん、こんばんは。

    すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

    ここのサイトに、コラムがあります。
    https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_018
    第18回 レビー小体型認知症を理解しよう

    https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_019
    第19回 レビー小体型認知症のケア(1)

    https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_020
    第20回 レビー小体型認知症のケア(2)

    ここは「相談する」ですが、同じくオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「ユッキー先生の認知症コラム」クリック→右側にたくさんコラムがあります。その「第18回・第19回・第20回」です。(PCです。スマホは右上メニュー)もし、良かったらご覧になってみて下さいね。(もう、ご覧になっていたらすみません)

    https://info.ninchisho.net/archives/7038
    【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより意識の障害

    同じくオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→ずっと下まで行き「樋口直美さん」クリック→「【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症・・・」クリック。

    https://info.ninchisho.net/type/t20
    レビー小体型認知症とは|特徴・症状の改善策・有効な薬など

    同じくオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「種類」→「レビー小体型認知症・・続きを読む」クリック。

    https://info.ninchisho.net/symptom/s80
    せん妄と認知症の違いとは 原因や症状

    「認知症を知る」クリック→「症状」クリック→「認知症によるせん妄・・続きを読む」クリック。

    ここのサイトのいろんなところを、紹介しましたが良かったらご覧になってみて下さいね。

    ノブリンさんの欲している事と直接の回答にはなっていないかも知れませんが、何かヒントになる事を見つけてくれたらと思っています。また、紹介ばかりですみません。

    ノブリンさんと、ご主人さまにとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。

  • すぬーぴーわんさん コメントする
  • 2018-10-29 10:10:24
  • ノブリンさん、こんにちは。
    母の介護を体験したナツコと申します。
    看護師です。

    ご主人様のご様子、心配ですね。
    せん妄がひどくなったとのことですが、医師はどのような診断をされていますか?
    薬については医師の診断により変更されますので、相談されたほうが良いかと思われます。

    また、ショートステイや訪問介護ヘルパーをご利用されていますか?
    デイを昼過ぎに帰ってきてしまうとのことですが、ノブリンさんご自身にとって休息を取れる環境を整えましょう。

    私は、訪問介護ヘルパーに週2回来てもらい、昼食の準備、排せつ介助、食事介助、後片付けまでを30分で行ってもらうようにしていました。

    家族が頑張ってしまいますが、息抜きも大切です。
    ケアマネジャーに相談して、社会資源を最大限活用しましょう。
    ご参考にして頂ければ幸いです。

  • ナツコさん コメントする
  • 2018-10-29 22:38:45
  • > すぬーぴーわんさん 有難うございます
    教えていただいたところを見ました。服薬や生活全般の見直しをプロの手を借りて穏やかな二人の生活を取り戻せるように、夫の不安を和らげられるように考えていきます。
    在宅での生活に不安を感じていましたが、穏やかな生活ができるように
    入院加療も含めて検討していきます。

  • ノブリンさん コメントする
  • 2018-10-29 22:53:30
  • > ナツコさん 有難うございます
    半年ほど夫に寄り添う生活を続けて本当に疲れ切ってしまいました。それをまた敏感に感じ取り夫は不安と怒りを増幅しているのかもしれません。薬が合えば日常生活が穏やかになるので、主治医に入院覚悟で薬の調合出来る病院へ繋げてもらうようにケアマネやデーの指導員の方は言われました。レビーの特徴と諦めないで道を探します。また、ナツ子さんの言葉に救われます、私も自分の人生を諦めなくて良いんだと。有難うございました。

  • ノブリンさん コメントする
  • 2018-10-30 22:33:34
  • ノブリンさん、こんばんは。

    すぬーぴーわんです。お疲れ様です。お返事、ありがとうございます。

    他の回答者様のナツコさんも仰っていますが、ショートステイは私にとって苦しくて切ない母の介護生活を随分救ってもらいました。

    自分を育ててくれた母を知っているから、母が認知症とはなかなか認めれませんでした。認めたくなかったんだと思います・・話しをすれば思い出してくれる、説明すればわかってくれる、そんな気持ちで接していたから些細な事もエスカレートして大喧嘩になる事度々・・。

    母はすぐ忘れてしまいますが、私は母に言われた酷い言葉を頭にも心にもしっかり残っています。

    ショートステイが近くなってくると「あれしよう、これしてみたい」・・といろいろ楽しいことを考えてしまいます。月1で3泊4日してもらっていましたが、利用している時は1日はゆっくりとからだを休めました。夜、母が帰って来ないというのが、どんなに気持ちを楽にしてくれたか(母には悪いですが)

    素直に会話が出来たのが、亡くなる最後の年でした・・遅いですよね・・。だから・・変な言い方になってしまうかも知れませんが・・投稿する事で、私自身が救われるように感じてしまうのです・・。

    ノブリンさんも、ご自分のおからだも大切にして下さいね。

  • すぬーぴーわんさん コメントする