認知症相談室

前頭側頭型認知症の父について

つぶつぶさん
2018-08-07 15:18:51

71歳の父が、昨年、前頭側頭型認知症と診断されました。
要介護1となり、週に2回のデイサービスに通っています。

私と姉は結婚して40分ほどかかる場所に住んでおり、私は育児と仕事、姉は仕事をしていて、姉は週に1度ほど、私は子連れで月に1度ほど様子見と買い物などの付き添いをしています。

父は、病院にかかる少し前まで仕事をしていました。
認知症とは一番縁遠い人だと思っていた父が、認知症になって言葉をほとんど話さなくなって、たった1年で、よぼよぼしてしまい、戸惑うことが多いです。

実家はトイレが狭いのですが、最近、父が大きいほうをしたときに、お尻をうまくふけないのか、必ずお風呂で洗うようになりました。よぼよぼしているため立ったままシャワーができないので、椅子に座るのですが、そのときに椅子を便で汚してしまうようなのです。

母は、毎日のように椅子を汚す父に対してストレスをためているようで、怒ったりしているようです。
おしりふきも置いているようなのですが、拭いていないのか。。

シャワーするのはいいけど、お尻をふいてね、と説明するのですが、父が逆切れしているようで、お互いにストレスになっています。

4月に引っ越しをして、トイレがせまくなってしまいました。
もしかして、トイレットペーパーの場所がわからないとか、手すりがなくて安定感がなくて拭きづらいとかあるのでしょうか。

毎日ケアする母の気持ちもわかるので、なんとかしてあげたいと思いますが、知恵がわきません。

また、最近、頻尿になったのか、5分に1回とかおしっこに行っているみたいです。泌尿器科につれていってみるつもりですが、何かアドバイスいただけると助かります。

回答する

回答・コメント

  • 2018-08-07 16:38:21
  • こんにちは。
    母の介護を体験したナツコと申します。
    看護師です。
    お父様の状態とお母様のご負担、心配ですね。
    きっとお母様も怒ってはいけない、でも・・・という葛藤があるのではないでしょうか。

    私も、母に対してイライラすることがありました。また、過去の母の様子と比べてしまうこともありました。
    しかし、一番辛いのは母本人でした。
    お父様もきっと同じなのではないでしょうか。
    お父様ご自身、もどかしさがあったり、思うようにいかないことが逆切れに繋がるのかもしれません。

    ご相談にも書かれていましたが、排せつをする時、私たちは何気なく行っていることでも、姿勢が不安定になりやすいです。
    起立した体勢でズボンや下着を下ろすので、前のめりになりやすく、不安定になりやすいです。
    また、排せつ後にお尻を拭く時の少し腰を上げる姿勢を保つことが難しい場合もあります。
    もし、デイサービスでリハビリテーションを受けていらっしゃるのであれば、理学療法士に姿勢を見てもらい、手すり等の設置を考慮したほうが良いかもしれません。
    ケアマネジャーに相談をしましょう。
    また、トイレットペーパーの位置が分からない場合、トイレットペーパーホルダーを目立つ色にする、お尻拭きの箱を目立つ色にするといった工夫をしてみてはいかがでしょうか。

    お父様の排尿の間隔が短いとのこと。
    仰るように泌尿器科を受診し、医師の診断をお受けになることをお勧めします。

    そして、お母様のご負担を減らすためにも、ショートステイを活用されてはいかがでしょうか。
    ショートステイを利用している間、お母様が趣味や好きなことをする時間を作ることが大切です。

    介護は、家族だけで行う必要はありません。
    様々なサービスを利用して、家族の負担を減らすことが重要です。
    ご参考にして頂ければ幸いです。

  • ナツコさん コメントする
  • 2018-08-09 11:01:05
  • ナツコさん、ご自身の体験をふまえての回答、ありがとうございました。大変参考になりました。

    父がいちばんもどかしく辛い、そうですね。
    できないことは増えても、感情面は損なわれていないので、思うようにできないことに対して、悲しい気持ちもあるのだと改めて思いました。

    母はとても面倒見がよい性格なのですが、イライラしてあたってしまうようです。そんな母に、私も怒ったり注意したりして、母の気持ちによりそうことはおろそかになりがちでした。

    母も父もストレスをためないよう、生活しやすい環境を整えようと思います。

    泌尿器科は連れて行くことにしました。手すりやトイレットペーパーの位置などもケアマネさんと相談しながら考えていこうと思います。

    いまは、相性のよいデイサービスが見つかり、そこに通って笑顔が増えた父です。そのデイサービスには残念ながらショートステイがないそうなので、デイサービスに十分なれたら、またケアマネさんに相談しながら、父と合う施設を探してみたいと思います。

  • つぶつぶさん コメントする
  • 2018-08-11 23:27:13
  • つぶつぶさん、こんばんは。

    すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

    ご相談、読ませていただきました。お父様の事、ご心配ですね。そして、お母様の事も大変心配です。

    ここのサイトに、コラムがあります。
    https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_026
    第26回 前頭側頭型認知症とは?

    https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_027
    第27回 前頭側頭型認知症の早期発見と症状

    https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_028
    第28回 前頭側頭型認知症(FTD)ケアのポイント

    ここは「相談する」ですが、同じくオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「ユッキー先生の認知症コラム」クリック→右側にたくさんコラムがあります。その「第26回・第27回・第28回」です。(PCです。スマホは右上メニュー)もし、良かったらご覧になってみて下さいね。

    つぶつぶさんが、ご相談されてから少し時間が経ってしまってすみません。他の回答者様のナツコさんへのお返事を見まして、少し安心しました。

    うちの母も最初は、デイを週2回、次は週3回、次は週3回とショートステイ3泊4日月1回利用していました。ショートステイは、夜帰って来ないというのが本当に助かりました。(母には、悪かったですが・・)特に、精神面が救われました。

    そして、また母が帰ってきたら「頑張ろう、優しくしよう」と思うのです。(実際は、帰ってきた日の夜、また、些細な事で喧嘩になってしまう事も・・)

    うちも、デイサービスにショートステイはなくて、ケアマネさんにいろいろさがしてもらいました。介護者は、介護から離れる時間、大切ですから。

    つぶつぶさんと、お父様、お母様にとって少しでも良い方にいきますよう願っています。

  • すぬーぴーわんさん コメントする