認知症相談室

初めまして。祖母が認知症を発症しており、私は現在29歳の孫です。実家からは既に出…

叶夢さん
2018-08-06 07:40:02

初めまして。

祖母が認知症を発症しており、私は現在29歳の孫です。

実家からは既に出ており、今は遠方にて生活しております、
丁度関西に引っ越す前に母親への用事もあり、実家に寄った際、祖母が認知症である事実を告げられました。

祖母は昔から活発で地域ぐるみで同世代のお年寄りと集まって楽しく過ごす事や人付き合いや礼儀に関しては特にきちんと教えてくれる方でした。

私の家庭自体、母と父は私が14歳の頃に離婚しており、兄弟は母方に引き取られ生活をしておりました。

認知症の話を母からされた時には、まさかお婆ちゃんがなる訳ないよ…と途方に暮れる程心を痛めておりました。

そして、母と父が離婚後はの兄弟の仲も亀裂が生じてしまい、遠方に暮らす事を選んだ私へは嫌悪感さえ抱いている様子です。

家族関係は元より良好ではなく、母とはメールにてのやり取りしか許されておらず…お婆ちゃんがどのように生活しているのか、認知症はどの程度の進行なのか、それすら教えては頂けない状況でした。

私自身も母が仕事ばかりで、家に帰ったところで子供や家族への八つ当たりも多々あり、家の事は隅から隅まで祖母1人でこなしておりました。

私からすれば母からの愛情云々より、祖母への愛情が強く祖母が母なのだとさえ思ってしまっています。

そして母は現在も実家におる弟(20歳)に愛情を注ぎ過ぎてるようで祖母の声が聞きたくて電話をしていただけでしたのに、実家への電話は止めてくれと言われる始末でした。

ですが、どうしても祖母の安否や声が聞きたくて…掛けるな!と言われていた実家へ電話を掛けてしまったのです。
その時の電話でお婆ちゃんからしたら他愛ない話をしている途中に「ウルセー!黙れ!喋んな!」と弟が罵声を浴びせており電話が切れてしまいました。

弟はまだ青二才で自尊心の欠片も無いものだと感じておりますし、そこに母親が注意するかと言えば…怒らせないように柔らかい口調でダメだよ~と言うだけという始末であり、そんな家庭の状況の中、一生懸命頑張って生きてるお婆ちゃんの身が心配でなりません。

果たして認知症の方に介護には携わってない人間が暴言を吐き当たり散らすのはどうなんでしょう??

僕としてはお婆ちゃんこでお婆ちゃんに楽しく過ごして出来る限りの長生きをしていて欲しい思いがあり…このままでは見過ごせませんし…とても許せるべきところではありません。

回答する

回答・コメント

  • 2018-08-07 09:55:47
  • こんにちは。
    母の介護を体験したナツコと申します。
    看護師です。

    お祖母様のこと、ご心配ですね。
    お祖母様は認知症と診断を受けているとのことですが、要介護認定を受けておりますでしょうか。
    現在、一番お辛い状況なのは、お祖母様かと思われます。
    まず、お祖母様の生活を整えることが最優先ですので、お祖母様のお住まいの地区を担当している地域包括支援センターに相談をしてみましょう。
    お祖母様のお住まいの地区の地域包括支援センターの場所・連絡先が分からない場合は、自治体のホームページで確認してみましょう。
    地域包括支援センターは、ご本人だけでなくご家族の相談も受けます。
    お祖母様の現状について叶夢さんが相談することは可能です。

    ご家族の様々なご心配事もあるかと思いますが、介護は家族だけで行う必要はありません。
    要介護認定を受けて、ホームヘルパーを依頼したり、デイケアやデイサービスを利用したりすることで、お祖母様の生活を整えることができます。
    いろいろ悩むことも多いと思いますが、まずは地域包括支援センターに相談をしてみましょう。
    まずはそこから始めてみませんか。
    ご参考にして頂ければ幸いです。

  • ナツコさん コメントする
  • 2018-08-08 07:28:44
  • 叶夢さん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

    お祖母さまとお母様が同居されており、叶夢さんは遠方にお住まいなのですね。

    お母様ともメールしか許されておらず、実際のところどの程度の認知症なのか(それが医師の診断によるものなのか)どうかも分からないような状態でしょうか。
    お電話でお祖母さまと話された時、お祖母さまの様子はいかがでしたか?

    認知症をはじめ、介護や健康に関すること、サービスの利用等はナツコさんも書いていらっしゃるように、お住まいの地域の地域包括支援センターへの相談が良いと思いますが、私としてはまずは叶夢さんとお母様との和解が大事ではないかな、と思います。

    様々な事情もおありでしょうし、すぐには難しいかもしれませんが、長期戦覚悟で少しずつ距離を縮める方向で考えてみてはいかがでしょうか。

    今の状態で叶夢さんが包括へ相談され、例えばサービス利用に繋げたとしても、お母様から「余計なことを‼」等ということにならないでしょうか。

    また、もしも今後お祖母様の症状が進んでしまうと、やはり同居されているお母様の負担も大きくなることと思います。
    そうなると心の余裕もなくなり、和解が困難になるのではないでしょうか。

    お祖母様が心配なのはよく分かりますが、「母より祖母」という態度ではお母様もちょっと面白くないでしょうから、ここは「負担を考えるとお母様が心配。自分も出来ることは協力したい」という形で接した方が、お母様も嬉しく思うのではないでしょうか。

  • オカユさん コメントする
  • 2018-08-11 22:02:15
  • 叶夢さん、こんばんは。

    すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

    ご相談、読ませていただきました。お祖母様の事、ご心配ですね。

    「実家に寄った際」とありますが、それまでは家族関係はそんなにひどくはなかったのですね。メールのやり取りだけというのは、お母様がそうしたいと決められたのでしょうか。

    お祖母様は、父方のお母様なのでしょうか。それとも、お母様の実の母親なのでしょうか。私は、実の母親の世話をしてきましたが、もちろんお姑さんも大変だと思いますが、実の母親というのも、かなり大変でした。自分を育ててくれた母親を知っているからこそ、だんだん違う人になっていってしまうそれを目の前にしてみていかなくてはならない・・しんどいものがありました。

    認知症とありますが、きちんと専門の病院(うちの母は、脳神経外科に受診しMRIで診てもらい、アルツハイマー型認知症と診断されました)で診てもっらって診断がでたのであればなおさら、介護認定を申請して受けて、介護サービスをご利用された方が良いと思います。

    デイサービスやショートステイなど、違う人と関わりを持つ事は脳に刺激になり進行を遅らせることに役立つと言われます。また、介護者の負担軽減にもなります。

    つまりお祖母様の事も考えていますが、その先にあるお母様の事も、考え大変心配しているという事を、伝えてみるのはだめでしょうか。無理でしょうか。

    いろいろご事情は、あるとは思いますが・・。

    叶夢さんと、お祖母様、お母様、弟さん(優しい気持ちになってくれると良いのですが・・)にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。

  • すぬーぴーわんさん コメントする