認知症相談室

デイサービスを開業しております。一度当デイサービスをやめたアルツハイマーのご利…

サクセスライフさん
2018-08-04 10:03:23

デイサービスを開業しております。
一度当デイサービスをやめたアルツハイマーのご利用者様で認知症が日増しにひどくなってらっしゃる方がいらっしゃいます。
他のデイサービスも手におえず、また家族から信頼されている当デイサービスに是非との事で再開されました。
本人は会社を経営されてた方でとても自尊心が強く自信家です。
「身体はどこも悪くない。何で俺がここに来なければならない?帰る!」と言って30分に一回は帰ろうとします。
どうにか興味を引く方法もしくはとどまらせる方法はございませんか?
宜しくお願いいたします。

回答する

回答・コメント

  • 2018-08-09 10:03:59
  • こんにちは。
    母の介護の体験したナツコと申します。
    看護師です。

    デイサービスを開業されていらっしゃるとのこと。
    様々な利用者様がいらっしゃるので、個別性のあるケアを行うのは大変ですよね。

    「家族から信頼されている」とのことですので、利用者様やご家族様にとって、心地よい場所なのではないでしょうか。
    また、「身体はどこも悪くない。何で俺がここに来なければならない?帰る!」と仰るとのこと。
    利用者様の趣味や興味関心のあることに対してアプローチしてみてはいかがでしょうか。
    例えば、温泉が好きだった、海外で仕事をしていた・旅行をしたなどであれば、事前にどちらに行かれたか情報収集をしておき、旅行会社のパンフレットを貰ってきて、その時の思い出をお話をして頂く、若い頃の体験を伺うなどを試みてはいかがでしょうか。
    「会社を経営されてた方でとても自尊心が強く自信家」とのことですので、今までの人生経験も豊富かと思われますし、スピーチをするなどは慣れていらっしゃると思います。

    何かを「任せられる」という役割があることは、誰でも嬉しいことですよね。
    そこから他のケアの方法が見出せるかもしれません。
    ご参考にして頂ければ幸いです。

  • ナツコさん コメントする
  • 2018-08-11 22:53:33
  • サクセスライフさん、こんばんは。

    すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

    うちの母も、デイサービスやショートステイなど利用させてもらっていました。スタッフさん達やケアマネさんには、大変良くしてもらって感謝しています。その気持ちで、投稿します。

    ここのサイトに、コラムがあります。
    https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_061
    第61回 認知症の人の対応~デイサービスが嫌い~

    https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_048
    第48回 認知症の人の生きている価値って?

    https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_049
    第49回 認知症の人の生きている意味と目的

    https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_042
    第42回 施設にいる認知症の人の思いは

    ここは「相談する」ですが、同じくオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「ユッキー先生の認知症コラム」クリック→右側にたくさんコラムがあります。その「第61回・第48回・第49回・第42回」です。(PCです。スマホは右上メニュー)もし、良かったらご覧になってみて下さいね。(どちらかというと、介護者側という立場からになっているかも知れません)

    「一度当デイサービスをやめた」との事ですが、この時はどうされてやめることになってしまわれたのでしょう。

    最初のうちは、ご家族さんも一緒に体験されてみてはどうでしょうか。そして、だんだん家族さんがいる時間を短くしてみてはどうでしょう。

    重複しますが、第61回の「デイサービスの参加を促す対応」「デイサービスが嫌いの対応」などは、とてもご本人さんの事を考えて、素直な気持ちでご家族さんに言ってもらうという事なんだろうなーと思いました。

    サクセスライフさんが、欲している事とかけ離れているかも知れませんね。何か、ちょっとでもヒントを見つけてくれるといいなーと思いました。

    サクセスライフさんと、そのご利用者様、ご家族様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。

  • すぬーぴーわんさん コメントする
  • 2018-08-13 19:44:54
  • サクセスライフさん、こんにちは。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

    どんな会社の経営者だったのか、どんな仕事をされていたのか、どんな趣味があって、お休みの日はどのように過ごしていたのか…等々、これまでの生活を参考に、活動を取り入れたり、声かけの工夫をされてみてはいかがでしょうか。

    また、拒否や帰宅願望が強いときに無理に引き止めては、施設への不信感を抱かれることもありますので、ご家族と相談され、時には早く帰宅される等の短時間での利用も視野に、対応を検討されてはいかがでしょうか。

    30分に1度は帰りたくなるということは、例えばレクリェーションやお食事、入浴中でも「帰る‼」となるのでしょうか?

    私が勤めていた認知症デイサービスでは、顔馴染み~信頼関係を築くため、帰宅願望の強い方には出来るだけ毎回同じ職員がマンツーマンでほぼ一日中対応に当たっていました。送迎も活動も入浴も、休み時間以外はマンツーマンでした。

    帰宅願望が強いときは、「送っていきますね」とお散歩やドライブに出掛け、その最中に会話での気分転換をはかり、また施設に戻る…という対応もしました。

    時間が空いてしまうと、帰りたくなってしまうことが多かったので、その方の趣味やお仕事を活動に取り入れたり(菜園、パークゴルフ、麻雀、電卓計算等々。お料理もしました)、書道の先生をされていた方には、実際に先生として来ていただき、皆で書道をしたりもしました。

    私が勤めていた認知症デイサービスは田舎に位置し、尚且つ少人数でのデイサービスでしたので対応が可能だっただけかもしれませんが、参考なれば幸いです。

  • オカユさん コメントする
  • 2018-08-13 19:44:54
  • サクセスライフさん、こんにちは。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

    どんな会社の経営者だったのか、どんな仕事をされていたのか、どんな趣味があって、お休みの日はどのように過ごしていたのか…等々、これまでの生活を参考に、活動を取り入れたり、声かけの工夫をされてみてはいかがでしょうか。

    また、拒否や帰宅願望が強いときに無理に引き止めては、施設への不信感を抱かれることもありますので、ご家族と相談され、時には早く帰宅される等の短時間での利用も視野に、対応を検討されてはいかがでしょうか。

    30分に1度は帰りたくなるということは、例えばレクリェーションやお食事、入浴中でも「帰る‼」となるのでしょうか?

    私が勤めていた認知症デイサービスでは、顔馴染み~信頼関係を築くため、帰宅願望の強い方には出来るだけ毎回同じ職員がマンツーマンでほぼ一日中対応に当たっていました。送迎も活動も入浴も、休み時間以外はマンツーマンでした。

    帰宅願望が強いときは、「送っていきますね」とお散歩やドライブに出掛け、その最中に会話での気分転換をはかり、また施設に戻る…という対応もしました。

    時間が空いてしまうと、帰りたくなってしまうことが多かったので、その方の趣味やお仕事を活動に取り入れたり(菜園、パークゴルフ、麻雀、電卓計算等々。お料理もしました)、書道の先生をされていた方には、実際に先生として来ていただき、皆で書道をしたりもしました。

    私が勤めていた認知症デイサービスは田舎に位置し、尚且つ少人数でのデイサービスでしたので対応が可能だっただけかもしれませんが、参考なれば幸いです。

  • オカユさん コメントする