認知症相談室(掲示板)

認知症の介護やケアに関する悩みやこれって認知症の初期症状?といった疑問を、ケアマネや専門家に相談できる掲示板です。無料で利用できるので、お気軽にご相談ください。

4906件の書き込み

  1. いちご さん
    はじめまして。
    実母(79歳)の妹(73歳)の認知症で困っています。
    一日何度も同じことで電話、実母は耳が悪いので早々に電話は切っています。しかし今度は自宅へ押しかけ、インターフォンが鳴っても居留守を使おうものなら、ドアをドンドンとたたき、鍵もガチャガチャして、集合住宅なので近所にも迷惑になります。
    ドアをたたいたり、鍵をガチャガチャされないような対策はないものでしょうか?
    貼り紙をしようかとも思いましたが、なかなか内容的にもむずかしく。
    • オカユ さん
      いちごさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      いちごさんの叔母様が認知症なのですね。
      叔母様はいちごさんのお母様に何かしら用事があったり、確認したいことがあるのでしょうね。

      耳が悪いこと、何度も同じ話ということで、お母様は早々に電話を切られるのだと思いますが、叔母様としてはそれが不満(あるいは不安や心配)に繋がっているのではないかと推測いたします。

      電話の内容が分からないので、それに対するアドバイスは出来ませんが、話を聞いてもらえないことや問題が解決しないがために、いちごさんのお宅にやって来るのだと思います。

      日に何度も同じ内容で電話をしてくるとのことですが、認知症の方にとっては、いつも「初めての電話」ですので、例えば「さっきも言ったでしょう?」「何回も迷惑です」と言っても通じないと思いますし、逆に不安を煽ってしまうと思います。

      ですので、いちごさんやお母様にとっては負担だとは思いますが、話を最初から最後までしっかり聞いてあげる、と言うことが認知症の方にとっては安心に繋がります。

      だからといって、毎日何度も何度も同じ話を聞かされるのは、本当に精神的な負担が大きいものですから、例えば「用事があるときは○時までに電話をしてください」「○日は不在ですが心配しないでくださいね」等の貼り紙を、叔母様宅の電話や玄関等にしてみてはいかがでしょうか。

      叔母様には、お子様やご主人様はいらっしゃらないのでしょうか?
      もし、おられるのであれば、事情を説明して、ご家族から叔母様に電話をしてもらい、気持ちをまぎらわしたり、サービス利用等の検討をお勧めしてみてはいかがでしょうか。
    • すぬーぴーわん さん
      いちごさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。

      いちごさんにとって、叔母様にあたるわけですね。叔母様の他のご家族のかたは、いらっしゃいますか。もし、いらっしゃるのでしたら、お話しされてみてはどうですか。

      「妹(73歳)の認知症で」とありますが、介護認定の申請はされていますでしょうか。介護サービス(デイサービスやショートステイなど)をご利用されてみてはどうでしょう。

      地域包括支援センターや高齢者総合相談センターなどにも、ご相談してみて下さいね。
  2. うひょ さん
    母の施設の面会に姉と週一回会社が休みの日に行っていました。
    母は食事制限がないので、『○○が食べたい』といえば持ち込み食べさせています。
    施設には壁に『食べ物の持ち込みはスタッフに見せるように』と書かれていますが…
    皆さん言わずに持ち込んでるから大丈夫みたいだったので。
    母が入所してから、次から次にトラブル続き…挙げ句4にん部屋なのに2週間一人。
    スタッフのプロ意識が無さすぎる…
    入所されてる方に『お前、


    あんた』と言ってるようなところです。

    施設の先生が診察した日『こんな毎日娘さんがいるなら、こんなところにいるより家におる方が楽やろ?』
    どういう意味ですか?
    出ていけと?
    姉と話した結果、『医者にはクレームは言えない』
    『スタッフが毎日のように差し入れを持ってきよると、迷惑がってるのかもしない』

    週一回の面会は多すぎますか?
    退去させる気なのでしょうか?
    会いにいかなったことを後悔したくないのです。
    • すぬーぴーわん さん
      うひょさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんです。お疲れ様です。

      「週一回の面会は多すぎますか」・・そんな事、ないと思います。ご家族が行ける時に行って良いと思いますし、基準なんてものはないと思いますが。

      最後の年に、1ヶ月間だけロングショートステイをしていた時、歩いて行ける距離だったのもあるのですが、ほぼ毎日面会に行きました。そして、帰るときに「お母さん、もう遅いから、私、帰るね」と言うと、母は「そうだね、じゃ、帰るか」と言って、立ち上がろうとするのです。「お母さん、ごめんね。一緒には帰れないの。家に帰ってもまた転んだりしたら困るし、私も困ちゃうの。ごめんね。また、明日も会いに来るから、待っていてね」と言うと、なんとかわかってくれて「そう、じゃ、仕方ないね、待ってるよ」と、また腰掛けてくれるのでした。でも、また、翌日も同じことをするのです。だから、私は、また、同じことを言うのです。帰り、歩いていて毎日、なみだが出てきます。

      旦那は「毎日行ってるんじゃ、何のために預けているんだかわからない」と私に言ってきます。面会に行った時に、スタッフさんに尋ねてみました。「毎日、面会に来るかたは珍しいです。ほとんどのご家族は、預けたらそれっきりですね。でも、毎日でも面会に来てあげて下さい。ご本人さん、とても喜んでいますので来てくださいね」と、言ってくれました。私は、とても、嬉しかったです。

      ちょうど1ヶ月経つ頃、ケアマネさんが昼間はデイサービス夜はそのままお泊りができる、そして最後まで入所していられるところを見つけてきて下さいました。そこは車で30分近くかかるところだったので、毎日は面会にはいけなかったですが、一日おきに会いに行ってました。でも、それから1ヵ月後には・・母は・・。

      「退去させる気なのでしょうか」それは、ないと思いますが・・っていうか「週に1回面会にきているから」とか「差し入れをよく持ってくるから」とかでは退去させられないと思いますが‥。私のあさはかな考えでしょうか。

      ちょっと調べてみましたら「ご家族の面会に関して、頻度に決まりはありません。ご家族がストレスを感じない程度に面会に来てくださるのが一番だと考えています。介護ストレスを軽減するために入居したのに、無理に面会で顔をあわせて喧嘩をしたのでは・・

      入居者やご家族が笑顔で過ごしていただくために介護スタッフや施設があります。そのため、施設スタッフを頼っていただき、面会では家族団らんの時間を楽しく過ごしていただくことが大切だと考えています」本当に、その通りだと思います。

      うちの事を、長々と書いてしまいすみません。
  3. うひょ さん
    母の面会に姉と週一回ずつ行っていたのですが、会いに行ける日はなるべく行くようにしていました…
    面会のたびに『食べたいもの』を持っていってました。
    昨日突然、『娘さんが毎日のように来てるんなら、家に帰ってゆっくりした方がよかとやない?』と母と私に言ったのですが…
    母のは『帰れる』っとなり上機嫌。
    私は『出ていけ』ってこと?
    姉に相談したのですが、『先生』にクレームは出せない。
    『毎日のように面会にくるな』ってことなのか?
    『スタッフから食べ物の持ち込み』をいわれたのか?
    『介護拒否しているのか?』色々な疑問がありどうすればいいのかわかりません。
    明日あさって母の面会にいくのですが母は『帰る準備をしている』ので怖いです。スタッフはプロ意識がないので不安で仕方ないです。
    会いにいくのが怖いです…
    どうすればいいのしょうか
  4. 先生守りたい子 さん
    恩師92歳女性独り暮らし
    たまに会う際の会話はしっかりしている。
    最近物忘れが激しく 財布や鍵をなくしたり盗まれたといったりする。
    遠く離れて暮らす元嫁(亡くなった息子の離婚した嫁)や孫娘が心配し 介護を受けさせたいと話しているがプライドが高く頑として拒否しているとのこと。
    どのように説得したら良いかアドバイスをよろしくお願いします。
    • オカユ さん
      先生守りたい子さん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      先生のことを大切に思う気持ちが伝わってきます。
      私にも尊敬する大切な恩師がいます。

      さて、先生はお会いしたときの会話はしっかりされているのですね。

      先生守りたい子さんが、元嫁さんやお孫さんの話や、物を無くしてしまうこと等を知っておられるということは、かなり親しい間柄なのだと思います。

      ただ、先生のプライドを思うと、先生守りたい子さんが出来ることは、これまで通りの関係を続けることではないかな、と個人的には思います。

      プライドの高い方にサービスを勧める場合は、ケアマネやサービスのスタッフ等の第三者に入ってもらった方がスムーズであることが多いです(あくまでも私の経験上の話です)。

      事前にご家族と第三者とでよく話し合われ、ケアマネや施設側からご本人様に「来て欲しい」「手伝って欲しい」「教えて欲しい」等、お願いをして来ていただくという形を取ります。
      「頼まれたから仕方なく」来てくださるように仕向け、プライドを傷付けないよう配慮する、という誘い方です。
    • すぬーぴーわん さん
      先生守りたい子さん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。

      ここのサイトに、コラムがあります。
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_001
      第1回 「認知症かな?」と思ったら ~病院に行くべきときは~

      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_007
      第7回 認知症患者が受診を拒む-病院へ連れて行くには

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「ユッキー先生の認知症コラム」クリック→右側にたくさんコラムがあります。その「第1回・第7回」です。(PCです。スマホは右上メニュー)良かったら、ご覧になってみて下さいね。

      第7回のコラムの先生のような人に、出会えたら良いですね。

      うちの母の場合ですが、実母と私はあまり良好な関係ではなく、私の言う事を素直に聞くような人ではありませんでした。だから私は、東京にいる私の姉に頼みました。姉は母のお気に入りですから。姉は「お母さん、○○(私)も、私(姉の事)もお母さんの事が心配なの、お母さんには健康で長生きして欲しいから、なんでもなかったら、安心なんだし」と電話で言って促してもらいました。母は、みんなが私の事を心配してくれているとわかって、翌日私と脳神経外科に受診してくれました。MRIで診てもらい、アルツハイマー型認知症と診断されました。MRIやSPECT(脳の血流量を調べるための装置)で診てもらった方が良いようです。

      恩師様が、信頼していらっしゃるような親族のかたはいませんか。

      「健康の秘訣は、元気なうちから病院に行って定期的に検査をしておくことですって。近所の○○さんもそうしているらしいから、一度検診に行ってみましょうよ」とか「市から、検診を受けて下さいと連絡があったから、天気のいい日に散歩がてら病院に行ってみましょうか」とか・・無理でしょうか。

      理屈攻めで説得するのではなく、まず家族が心配していることを伝える。病気を早く見つけて治すには受診が大切。病院に行く事を前向きに考えられるように話す。

      母が認知症と診断されてショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中の文になります。何か、ちょっとでもヒントになってくれればいいなーと思います。

      介護認定を受けるのに、主治医の意見書も必要になってきます。

      かかりつけのお医者さんは、いらっしゃらないでしょうか。もし、いらっしゃればその先生から促してもらうのはどうでしょう。言葉を選ばなければいけませんが・・

      地域包括支援センターなどにも、ご相談してみて下さいね。

      先生守りたい子さんと、恩師様と、元お嫁さん達にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  5. サンティ さん
    91歳になる母は85歳のころから認知症の症状が出てアルツハイマーと診断されています。
    腰痛、ひざ痛があるくらいで特に悪いところはありません。更年期のころから鬱があり服薬していますが、認知症の薬は飲んでいません。
    4月まで自立型の施設で3年半暮らしましたが、失禁が増え施設での生活が困難となり、専業主婦の妹宅で引き取ることになりました。私はフルで仕事をもっており、また、2時間半という距離もあり1週間に1度の訪問をしています。

    妹は一生懸命、やってくれていますが、対応に悩んでいます。
    ●紙パンツとパッドを使用しているが、パッドの交換を嫌がる
    ●何かをしていないと時間を持て余し、機嫌が悪くなる(週2はデイ)
    ●いびき、寝言がひどく他の家族へ迷惑がかかる
    いろいろ工夫していますが、思うように成果が上がらないです。

    介護負担が大きくなっているので、施設使用料と同額のお金を妹はもらいたいというので、私は賛成しましたが母の口からそうしていいと言ってほしいと言うのです。
    認知症の患者にそのようなことが言えるとは思えませんし、周囲への配慮ができないのも症状の1つと私は思っているのですが、妹は、感謝の気持ちを伝えることをしないと
    母を責めるようなことを言います。
    妹はお金をもらって仕事として割り切って介護をすると言ってましたが、一人に押し付けるようなことはしないでとか、訪ねても母と3人で会話をすることもせず、黙々と家事をしたりしています。
    母の入浴介助をするより、妹への気遣いでへとへとになってしまいます。
    どのようにフォローすればいいのか?
    認知症の母から、介護費用を受け取ってという言葉を言わせるべきなのか??
    アドバイスお願いします。
    • オカユ さん
      サンティさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      主に介護をされているのは、同居されている妹さんなのですね。

      あくまでも私の個人的な意見になりますが、主に介護をされている方が少しでも気持ちが軽くなる環境を作ってあげるのは、その周りの方の役目だと思います。

      お金のことに関して、お母様の口からそうしていいと言って欲しいと思うのは、やはり自分のお金でもお姉様であるサンティさんのお金でもないのだから、勝手に使う事に後ろめたさを感じるからだと思います。

      ですから「認知症患者にそんなこと言えるとは思えない…」と思われる気持ちも分かりますが、実際言えないのかどうかお母様に声をかけてみてはいかがでしょうか。

      妹さんの気持ちを思えば、出来るだけ希望に近い形で、お母様から賛成の言葉を引き出す方法を考えた方が良いのではないかな、と思います。

      例えば、お母様に説明しても理解出来ないのであれば、「これからはこういう事にお母様のお金を使わせてもらうからね」と声をかけ、肯定の合図としての頷きだけでも見ることが出来れば、妹さんも納得されるのではないでしょうか。

      また、それほど理解力の低下が見られるのであれば、当然介護負担は大きいでしょうから、お母様が感謝の気持ちを言葉に出来ないのであれば、是非サンティさんが感謝の気持ちを伝えてくださいね。

      いくら仕事と割りきって介護にあたっても、本当の仕事としての介護とは異なり、代わりの人がいません。在宅介護を一人で行うのは負担も不安も大きくなります。

      サンティさんも妹さんへの気遣いで大変だと思いますが、サンティさんが訪問してくれるから、妹さんは介護から少し離れる事が出来るのです。だから黙々と家事をおこない、一人の時間が持てるのです。
      逆を言えば、その時間しか妹さんは一人で家事が出来ないのだと思います。
      どうか3人で会話をしないことを不満に思わないであげて欲しいです。

      妹さんへの気遣いで疲労を感じてしまうならば、サンティさんが訪問される日は前もって「○日は私が行くから、あなた(妹さん)は自由に過ごしてね」「たまには息抜きしておいで」と声をかけてみてはいかがでしょう?
    • すぬーぴーわん さん
      サンティさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。 

      うちの場合は、生活費として月いくらと決めて毎月もらいました。病院の受診などの費用は、それとは別に払ってもらっていました。「生活費」では、だめでしょうか。

      うちの母は、最初は紙パンツだけで良かったのですが、量が多くなったり漏れてしまったりしたので、昼用パット、夜はナイトロングパットをしました。昼間は、自分からトイレに行くときもありますが、何回かは私が時間をみてトイレに誘っていました。その時にトイレで、パットを取り換えていました。トイレには、行かないのでしょうか。トイレは、無理なのでしょうか。(もし、そうならすみません)

      「何かをしていないと時間を持て余し、機嫌が悪くなる」・・デイサービスを週2回との事ですが、増やす事はできないのでしょうか(。介護認定度にもよりますが)

      家族ができる認知症の進行を少しでも遅くする方法

      「読み、書き、計算」の基礎的学習は確かに脳の残された機能の維持や改善に役立ちます。ただ、計算なら難しい問題にせず次から次へと解ける簡単な問題にすること。本人が自信をもてるようにしないと逆効果です。あと一人で机に向かうのは、おもしろくありません。一緒にやる人、話しをしながらできる人が必要です。

      過去を思い出して語る療法(回想法・・個人回想法・グループ回想法)子供の頃の遊びや、お祭りあるいは昔使っていた生活道具など共通する話題を選んで、体験を語り合います。懐かしい昔を思い出し、それを語る事で脳が刺激されます。また、楽しかった過去に戻り、一時であれ障害の不安や混乱から解放され心が癒されます。続けて行う事で認知機能が改善され積極性、対人コミュニケーションが増えるなどの効用があります。施設や病院で行われているグループ回想法です。

      家庭でも出来る個人回想法・・幼い頃の事や若い時の話しを聞かせてもらう機会をできるだけ作りましょう。昔の町の写真、流行った曲、お手玉などの玩具、古い生活道具などがあれば過去を思い出しやすくなります。現物がなければ写真を集めてきて話しを聞くという方法もあります。ときには、市区町村の歴史博物館や民族資料館を一緒に訪ねてみるのも良いかもしれません。

      音楽療法・・聴くよりも簡単な楽器を演奏したり曲に合わせて手拍子をとったり、カラオケで歌ったり、懐かしい唱歌を合唱したりします。音楽と思い出は密接に結びついています。食事量が増える、声をかけた時の反応が良い、気持ちが落ち着いて笑顔が増えるといった効果があります。大きな声で歌う事は脳を活性化させます。

      芸術療法・・音楽、心理劇、詩歌、陶芸、ダンスなどの表現活動や創造行為を総称して呼びます。

      母が認知症と診断され、ショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中の文です。何か、ちょっとでもヒントになる事を見つけてくれたらと思います。

      介護士は、勤務が終れば介護から離れられますが、家族の在宅介護はそれがないのですから・・365日24時間・・私は、姉が時々励ましや感謝の気持ちを電話やメールでくれるので、それだけでも「気にかけてもらって、ありがたい」と思いました。

      うちの事を、いろいろ書いてしまいすみません。

      サンティさんと、お母様と、妹さんにとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
  6. あいこ さん
    主人40歳、私37歳、子供3人(5.2.0歳)の5人家族です。
    主人の事で気になっていることがあります。

    もともと物忘れが多く、
    おつかいを頼むと買い忘れ(5品頼むと1品忘れる)
    会社帰りに○○買ってきてとお願いしても手ぶらで帰ってくる
    会話の内容を忘れる
    観た映画の内容を殆ど忘れる
    約束を忘れる
    等、妻の私からしたら驚きの連続でしたが、個性だったり単に物忘れのひどい人なのかな…
    と思い見守ってきました。
    仕事には全く支障はなく普通にバリバリ働いております。
    ただ、気になるのが、
    たまに会話したこと自体全く覚えていない事があり、しかも私が一方的に喋っていたのではなく、10分程その話題で会話をし、笑いあったり盛り上がったりした話題を全く無かった事の様に1ヵ月後に話しだします。
    娘の足にホクロがあった事で盛り上がったその1ヶ月後に、
    「○○ちゃんの足にホクロあるって知ってた??^^」等と話してくるのです。
    これにはさすがに驚き、不安になってしまいました。

    娘の出生届けを書いてもらった際には、
    妻の私の名前を間違て記入していました。
    愛子なのですが、子がなく、
    書き忘れかと思ったのですが、
    その時は愛だと思ってしまった、と本人は言っております。

    物忘れレベルは日常的ですが、
    その事自体が記憶から抜けてしまうのは頻度は年に一度位です。
    頻度が低ければ全く問題ないでしょうか?
    認知症の初期症状だったりしますか?
    子供もまだ小さい為心配で、本人にも話しましたが、当然はね除けられてしまい、どうしたら良いか迷いこちらに相談させて頂きました。
    • すぬーぴーわん さん
      あいこさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。旦那様の事、ご心配ですね。

      ここのサイトに、コラムがあります。
      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_038
      第38回 若い人の認知症

      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_039
      第39回 若年性アルツハイマー病の診断

      https://info.ninchisho.net/column/psychiatry_040
      第40回 若年性アルツハイマー病のケア ~介護力チェック~

      ここは「相談する」ですが、同じオレンジ色の帯の真ん中あたり「特集・コラム」クリック→「ユッキー先生の認知症コラム」クリック→右側にたくさんコラムがあります。その「第38回・第39回・第40回」です。

      https://info.ninchisho.net/type/t50
      若年性認知症(若年性アルツハイマー)とは|初期症状・予防法など

      https://info.ninchisho.net/mci/k40
      軽度認知障害(MCI)とは?

      同じくオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「種類」クリック→「若年性認知症・・続きを読む」クリック。

      同じくオレンジ色の帯のいちばん左「認知症を知る」クリック→「基礎知識」クリック→「軽度認知障害(MCI)とは?・・続きを読む」クリック。(PCです。スマホは右上メニュー)もし、良かったらご覧になってみて下さいね。

      「仕事には全く支障はなく普通にバリバリ働いております」・・会社での事は、どなたかにお聞きになられたのでしょうか。それとも、あいこさんの推測でしょうか。うちなんかは、旦那の職場の事は正直お恥ずかしいですが、よく把握はしていないです。同じ職場で働いているとか、あいこさんの知り合いのかたが一緒に働いていて旦那様の事を聞くことができるとか・・なら、わかりますが・・。(失礼な言い方になっていたら、すみません)

      旦那様の会社の健康診断では、どうなのでしょうか。

      理屈攻めで説得するのではなく、まず家族が心配していることを伝える。病気を早く見つけるには早期受診が大切。病院に行く事を前向きに考えられるように話す。

      母が認知症と診断されてショックでした。私は無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中の文です。何か、ちょっとでもヒントになってくれればいいなーと思います。

      うちの母の場合ですが、実母と私はあまり良好な関係ではなく、私の言う事を素直に聞くような人ではありませんでした。だから私は、東京にいる私の姉に頼みました。姉は母のお気に入りですから。姉は「お母さん、○○(私)も、私(姉の事)もお母さんの事が心配なの、お母さんには健康で長生きして欲しいから、なんでもなかったら、安心なんだし」と電話で言って促してもらいました。母は、みんなが私の事を心配してくれているとわかって、翌日私と脳神経外科に受診してくれました。MRIで診てもらい、アルツハイマー型認知症と診断されました。診てもらうのなら、MRIやSPECT(脳の血流量を調べるための装置)が良いです。

      旦那様が信頼している親族のかたとかいらっしゃらないでしょうか。

      そこの地域の地域包括支援センターに、あいこさんお一人でご相談に行ってみたらどうでしょう。旦那様のあれ?と思われることを、メモして行かれると話し易いと思います。

      「本人にも話しましたが、当然はね除けられてしまい」とありますので、受診の話しは少し間をあけてからの方が良いかも知れませんね。(かかりつけのお医者さんとかは、ないでしょうか。もし、あればそこから専門の病院へ促してもらう方法もあると思います)

      あいこさんと、旦那様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • オカユ さん
      あいこさん、初めまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      単なる物忘れではなく、話した事をすっかり忘れてしまうとなると、やはり心配ですよね。

      ここの認知症ねっとにも、認知機能チェックがありますので、あいこさんも一緒にゲーム感覚で試されてみてはいかがでしょう?
      (深刻さは出さずに、あくまでも「ちょっとためしに(^-^)」と気軽な感じですすめてみてくださいね)

      実は最近、若い世代での物忘れが増えてきています(あいこさんのご主人のように、スッポリ抜け落ちてしまうような物忘れです)。
      原因は脳の疲労と言われています。

      例えば、こんなことはありませんか?
      食事をしながらスマホをいじり、さらに会話しながら、テレビもついている→会話やテレビの内容が分からない

      スマホで調べものをしながら、隣の部屋に物を取りに行く→何を取りに来たのか忘れてしまう

      休憩時間でもメールにネット、ゲームに音楽では、常時情報が絶えず入りこみ、脳に負担がかかります。

      もちろんスマホだけではなく、例えばお仕事でパソコンを使う場合はその負担も大きくなります。

      このような事が毎日毎日続くと、脳は本当に疲れきってしまい、処理能力が低下してしまい、物忘れが増えていきます。

      このような事が物忘れの原因であったとしたら、MRIを受けても、脳ドックを受けても、原因は見つからないかもしれません。

      まずはスマホを触らない時間を作るというのも、物忘れ予防には有効かもしれませんね。

      ただ、お仕事には全く支障がないとのことですので、認知症や疲労による物忘れよりも、集中力の問題かな?とも個人的には思います。
  7. まさあき さん
    家族がいかに本人を心配しているかを認識させた上で病院に行ってもらうという方法をとる事が大切である事はお陰様で分かりました。その上で私はうつの治療を受けています。これ以上は心の負担になる為いかに部屋へ一日中出入りをさせない様にする為にはどうすれば良いか教えて欲しいのです。自分のしたい事やって欲しい事を思い通りにして貰えないと役に立たないクズしかうちには居ないんだからと言われてもうカウセリングまで受ける様になりうつが良くなっていたのに悪化してきているので関わらないいい方法を教えて欲しいのです。行政執行にて強制入院でしたので正直なところ何をするか分かりませんってのが現状です。
    • すぬーぴーわん さん
      まさあきさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんです。お疲れ様です。

      「これ以上は心の負担になる為いかに部屋へ一日中出入りをさせない様にする為にはどうすれば良いか教えて欲しいのです」「関わらないいい方法を教えて欲しいのです」・・なかなか、正直難しいと思います。だって、相手は母親ですから・・。

      まさあきさんの前の投稿で「母親の為妻子と離別して大手の会社を辞めて帰郷」と書かれていますがお母様の世話をするつもりでいらっしゃったのですよね。しかし、現実はそう上手くいかなっかった・・。私も・・母の面倒を看ようと仕事を辞めました。(徘徊や食事の事で・・)だけど、そう簡単なものではなかったです。母を看取ってから、1年くらい経ったときに、娘に「お母さん、おばあちゃんの介護している時、うつっぽかったものね」と言われたことがありました。自分では、ぜんぜん思っていなかったのですが・・娘は10年ほど介護福祉士とケアマネをしていたので、娘のいう事は現実味がありました。

      一緒の家に住んでいれば、まさあきさんの部屋への出入りはあるでしょうし、関わりをなくすなんてのは、無理なのではないでしょうか。そんなに耐えられないのであれば、心を鬼にしてお母様を一人にしてまさあきさんが、その家を出ていくしかないのではありませんか。

      まさあきさんが帰郷するまでは、お母様はお一人で暮らしていたのですよね。

      お母様が、どの程度なのかわからないですが、そんなに認知症の症状がないのであれば・・65歳以上のかたが参加できる地域支え合い事業「すこやかサロン」・・高齢者の閉じこもり予防や地域住民との交流、生きがいづくりなどを目的とした地域支え合い事業を実施。

      公民館やコミュニティプラザなどを拠点として、週に数回程度、高齢者が気軽に集える場を開設。

      筋力アップや脳トレなどの介護予防の取り組みのほか、参加者の意見を聞きながら、地域のみなさんでプログラムを考える。

      介護認定を受ける必要はなし。65歳以上であれば、どなたでも参加可能。1回の参加費用は100円程度。

      (一昨年暮れに、市が主催する訪問介護担い手養成講座に参加して、その時の資料からです。何かヒントになって欲しくて)

      本当は、お母様には専門の病院を受診してもらい、介護認定の申請をして、介護サービスを利用して欲しいのです。(デイサービスやショートステイ、または訪問介護やヘルパーなど・・ケアマネさんがつくと、お母様に合った、また、介護者の意見も取り入れてケアプランを立ててくれると思います)

      まさあきさん・・お母様との関わりは確かに大きいとは思いますが・・それも含めて結果的に選択するのは、まさあきさん自身であると思います。(まさあきさんにすれば、気分が良くないことを私は言っていると思います。すみません)私も、そうでした。

      前回も書きましたが、地域包括支援センターへは行かれましたでしょうか。

      まさあきさんが、欲していることからかけ離れてしまっているかも知れませんね。(すみません)
  8. すもも さん
    主人の祖母のことで相談です。
    認知症なのか、なんの精神疾患なのか、はたまた激しい性格の偏りなのか…。
    .
    質問:「何なのか断定できる方おられませんでしょうか。」
    .
    祖母は気性が荒く、病院に連れていけないのが現実です。
    断定でいいのです。聞いたところで決めつけはしません。色々と精神疾患について学び、祖母の心に寄り添い、家族円満に少しでも、少しでも、近づきたいのです。

    一年前に主人と結婚。
    祖母、父、母、主人、私で同居中。
    父:婿養子 母:祖母の実の娘


    祖母について:
    ・祖母は今年で82歳。
    ・祖母が子供の頃戦争で兄2人を失い
    ・祖母の母は精神病。祖母が小学生の頃亡くなりました。
    ・末娘の祖母は、子供の頃から家事や畑仕事にと家族の為にこなしていたそうです。
    ・祖母は結婚先で、義理父と折り合いがつかず、祖母の主人が精神病に。
    ・一家心中を行い、祖母は生き残りました

    現在の症状:
    ・感情のコントロールができない
    (常に怒ってる)
    ・怒る時↓
    ・思い通りにならない時
    ・父の事に構うとき
    ・関わる人みんな、いく先々で敵を作り、不足する。
    ・被害妄想
    ・思い込み

    ・娘である母に依存
    母の休暇日は全て祖母が母の予定を決め、指示。言うようにしないと怒鳴り散らす。
    ・掃除を嫌う
    ・食事に偏りがある
    (塩分を異常に嫌う)
    ザッとこんな感じでしょうか…。

    毎日がドラマのようです。
    祖母本人の苦労を改めて思い返すと今の私は有難い生活と思いますが、
    祖母は喜んだり、幸せを感じる瞬間が無いといいます。
    もう高齢ですので、日々を小さな幸せでいいので気づき、家族で感謝しあいながら生活したいのです。
    祖母を通して学ばせていただきたい気持ちもあります。
    祖母に落ち着いた日々を送ってもらえるようにつとめたいので、
    ぜひ、アドバイスや断定できましたら、コメントいただけると幸いです。
    • すぬーぴーわん さん
      すももさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。

      「何なのか断定できる方おられませんでしょうか。」投稿文で、正直断定は難しいと思います。すみません。

      ここのサイトに、コラムがたくさんいろいろあります。
      https://info.ninchisho.net/column
      どれも、とても、参考になると思います。

      「祖母の心に寄り添い、家族円満に少しでも、少しでも、近づきたい」「日々を小さな幸せでいいので気づき、家族で感謝しあいながら生活」「祖母に落ち着いた日々を送ってもらえるようにつとめたい」この投稿文からすると、「1回・5回・7回・8回・36回・37回・43回・48回・49回・52回・56回」おすすめしたいです。

      私も、実母でしたから、お母様とは同じ立場です。お母様は、どう思っているのでしょう。介護者が、ニコニコしているとそれが反映して、良い方に行くと言われています。

      でも、とても難しいと私は思いました。自分を育ててくれた母をしっているから、認知症と診断されたときショックでした。だんだん母が母でなくなっていくように感じました。認知症と認めたくない。認めれない。話しをすれば思い出してくれる、説明すればわかってくれる。そんな気持ちで母と生活していたら、喧嘩ばかりしていました。些細な事が、凄く大きな喧嘩になっている事がしょっちゅうでした。母はすぐ忘れてしまうのですが、私は頭にも心にもしっかり残っています。

      素直に会話が出来たのが、亡くなる最後の年でした・・遅いですよね・・。

      お母様は、どうですか。

      「祖母は気性が荒く、病院に連れていけないのが現実です」・・うちの母の場合ですが、実母と私はあまり良好な関係ではなく、私の言う事を素直に聞くような人ではありませんでした。だから私は、東京にいる私の姉に頼みました。姉は母のお気に入りですから。姉は「お母さん、○○(私)も、私(姉の事)もお母さんの事が心配なの、お母さんには健康で長生きして欲しいから、なんでもなかったら、安心なんだし」と電話で言って促してもらいました。母は、みんなが私の事を心配してくれているとわかって、翌日私と脳神経外科に受診してくれました。MRIで診てもらい、アルツハイマー型認知症と診断されました。

      お祖母様が、信頼している親族のかたなどはいらっしゃらないでしょうか。

      「健康の秘訣は、元気なうちから病院に行って定期的に検査をしておくことですって。近所の○○さんもそうしているらしいから、一度検診に行ってみましょうよ」とか「市から、検診を受けて下さいと連絡があったから、天気のいい日に散歩がてら病院に行ってみましょうか」とか・・無理でしょうか。

      理屈攻めで説得するのではなく、まず家族が心配していることを伝える。病気を早く見つけて治すには受診が大切。病院に行く事を前向きに考えられるように話す。

      私は無知でしたので、認知症や介護の本をいろいろ買って読みました。その中の文です。何か、ちょっとでもヒントになってくれればいいなーと思います。

      すももさんが、欲しているものとはかけ離れているかも知れませんが、また、うちの事も書いてしまいすみません。

      すももさんと、お祖母様、ご家族様にとって、少しでも良い方にいきますよう願っています。
    • オカユ さん
      すももさん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      お祖母様の症状が何によるものなのか、断定してほしいとのことですが、私は医師ではありませんし、ご本人様にお会いしたこともありませんので、断定することは出来ません。

      すももさんの文章を読んだ上での、あくまでも私の個人的な推測としてのコメントを書かせていただきます。

      お祖母様は子供時代に戦争を体験され、お兄様を亡くし、お母様も精神病で亡くしました。
      嫁ぎ先では舅との折り合いが悪く、かつご主人までもが精神病となり、一家心中。
      生き残ったことは、端から見れば「生きてて良かった」と思う出来事ですが、心中に関わらず、災害や事故で大切な人を失った方は往々にして「なぜ自分だけ生き残ってしまったのか…」と自分を責める傾向にあります。

      今を生きる私たちには、想像も出来ないほどの辛い人生を送られてきたことと思います。

      大切な人を繰り返し亡くしてきたお祖母様は、心に大きな傷が残っている可能性が高いのではないかと私は思います。

      いわゆる、心的外傷(トラウマ)です。
      心的外傷は精神的な障害を引き起こすこともあります。
      怒りっぽさや依存、被害妄想等は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)でも現れる症状でもあります。

      そしてこのPTSDを抱えている方は幸せを感じることが難しくなりがちです。

      お祖母様の場合、もしもPTSDであれば、何十年も苦しまれており、すでに慢性化しているかと思います。

      慢性化したPTSDは完治が難しいとされていますが、適した治療を受けることで、症状の軽減が期待できます。

      繰り返しとなりますが、これはあくまでも私の推測に過ぎません。
  9. 田舎もん さん
    80代の父親です。昨年末から、アルツの認定受け・・要支援1を頂き、週1でリハビリに行ってます。状態は、安定していますが・・便秘に悩まされています。運動量が激減したせいか、体重増加しています。半年で約4キロ!!オムツは、夜~朝のみで・・日中は、普通にパンツでまだ大丈夫です。一度、下剤の様な物を服用したら・・見事トイレに間に合わず、オムツの中でウンチまみれになりました。何とか、改善したいのですがどうしたら・・いいのでしょうか?水分不足も、指摘されますが・・中々飲みません。脱水症状は避けたいので・・・工夫しながら、頑張っていますが・・うんちが出ない!!
    • ナツコ さん
      田舎もんさん、こんにちは。
      母の介護を体験したナツコと申します。
      看護師です。

      便秘はお辛いですよね。
      便秘は仰るように、水分が不足していたり、運動量の低下など様々な要因が重なり合って起こっています。
      他にも、便が溜まっているけれども腹圧をかけて力むのが難しい場合や、食物繊維の摂取が少なくて便の量が少ない場合もあります。
      また、便意が起きてすぐにトイレに行かず時間が経ってしまうと、便意がなくなってしまいます。

      腹部マッサージを試してみてはいかがでしょうか。
      腸は「の」の字の形で走行しています。
      腸の走行にあわせて、マッサージすると効果がると言われています。
      お臍を中心に「の」の字を描くようにお腹を手のひらでゆっくりと3分程度マッサージしてみましょう。
      手のひらが1~2センチ程度沈むくらいに圧をかけます。
      その時にリラックスできるように音楽をかけたりするのも良いと思います。
      注意したいのは、食後すぐには行わない、排尿を済ませた後に行いましょう。

      また、週1回リハビリを受けていらっしゃるのであれば、理学療法士に相談して、リハビリのメニューに便秘対策の運動を取り入れてもらうことも良いのではないでしょうか。

      ご参考にして頂ければ幸いです。
    • すぬーぴーわん さん
      田舎もんさん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。お疲れ様です。

      「水分不足も、指摘されますが・・中々飲みません」・・要支援1との事なので、お父様に「お父さんのからだの事が、心配なの」みたいな感じで心配していることを伝えてもだめでしょうか。(もう、されていましたらすみません)もし、脱水症になると、血液が濃くドロドロの状態になることで血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞の引き金になる可能性もあるとのことです。

      高齢者は一日でなくなる水分量は約2500㎖だそうで、体内の水分量のバランスを保つためには、なくなった分をとらないといけません。そのため、食事以外で一日1000~1500㎖の水分を取らないといけないようです。一度に1000~1500mlの水分をとるのは無理ですから、日常生活でのイベントのタイミングに合わせて時間を決めるようにすると良いようです。回数を分けて、取るようにするとできるようです。

      朝起きてすぐに、朝食時に、10時のおやつに、昼食時に、15時におやつに、夕食時に、入浴後に、眠る前にと毎回1杯ずつ(200ml)

      田舎さんが、大変かも知れませんが水分を取る管理を家族がした方が良いです。脱水状態は認知症を悪化させる危険性もあるのです。そうしたら、もっと大変になってしまいます。

      田舎もんさん、上手くいくと良いですね。
  10. shi124 さん
    隣人が若年性認知症のようで、何もしてないのに、いやがらせをしたなどと言って
    どなりこんできます。近所では2件が引っ越しをしました。今は、一手に攻撃を受けて困っています。今は相手を刺激しないように、すいませんなどと対応しています。
    一度、思い切ってどなりかえしてやろうかとも考えますが、得策ではないでしょうか。
    • ナツコ さん
      shi124さん、こんにちは。
      母の介護を体験したナツコと申します。
      看護師です。

      近隣のトラブルはお辛いですよね。
      shi124さんがご対応するのは大変かと存じますが、お住まいの地区を担当している地域包括支援センターや役所、民生委員に相談してみてはいかがでしょうか。

      ご参考にして頂ければ幸いです。
    • すぬーぴーわん さん
      shi124さん、こんばんは。

      すぬーぴーわんといいます。 実母を5年近く在宅介護をして、一昨々年の夏、見送りました。

      ご相談、読ませていただきました。

      そのかたのご家族のかたは、いらっしゃいますか。どう、されているのでしょう。

      他の回答者様のナツコさんも仰っていますが、やはりそこの地域の地域包括支援センターや市民生活相談課(消費生活センター)など、shi124さんが少し大変ですがご相談された方がよろしいかと思います。どういう事を言われたとか、2件引っ越ししてしまったことなどもお話しされて下さいね。

      地域包括支援センターなどのかたやから、そのかたにまたはそのかたのご家族に話してもらった方が良いと思います。

      上手くいくと良いですね。
    • オカユ さん
      shi124さん、はじめまして。高齢者介護一筋15年(うち認知症専門介護6年)オカユと申します。

      まずその方がお若いとはいえ、認知症の疑いがあると思われるのであれば、地域包括支援センターに過去~現在の困り事と「もしかしたら認知症があるのではないか」と言うことを相談されてください。

      また、民生委員へ相談することで、適した機関(役所や警察等)への橋渡しをしてもらえると思います。

      怒鳴りこんで来る際に、暴言や乱暴な行動(器物破損等)がある場合は、直接警察へ相談されても良いと思います。

      怒鳴り返したい気持ちはよく分かりますが、お相手の言動が病気によるものであれば、解決どころか悪化してしまう可能性もあるかと思いますので、個人的に行動を起こすよりも、第三者に介入してもらった方が良いのではないかな、と思います。

コメントを残す

※ニックネームはサイト上に公開されます。
 本名は使用しないようお願いいたします。


投稿ボタンは利用規約をご確認、同意の上押してください。
※投稿ボタンを押すことで、利用規約に同意したものとみなします。

このページの
上へ戻る