注目の認知症予防アドバイザーとは?~認知症予防にはまずは正しい知識から~

2015年12月15日 PR

認知症患者増加の影には、認知症に対する間違った認識による発見の遅れもある。自身や家族の認知症の早期発見のために、認知症に関する正しい知識が求められている。そんな中、注目されている「認知症予防アドバイザー」とはどのようなものなのか。コンセプトから資格取得までの流れまで詳しく解説する。

認知症を正しく知ることが早期発見につながる

認知症患者は年々増え続けており、2025年には高齢者の5人に1人は認知症となるとされている。一方で、認知症患者増加の裏側にあるのが、誤診や家族の知識不足などによる発見の遅れだ。

認知症は、一部のものを除いては未だ治療法が確立されていないものの、早期に発見、対策をすることで進行を遅らせることは可能とされている。そのため、早期発見が何よりも重要となる。

しかし、「もの忘れなどは見られないから認知症ではないだろう」などといった間違った認識から家族も本人も長いこと認知症の兆候に気づかず、結果、気づいたときには症状が進んでしまっているというケースも少なくない。

また、認知症患者増加にともない増えている、介護者による虐待、認知症患者による運転事故なども、周囲や本人の認知症に対する理解不足、知識不足も関係していると考えられる。

認知症の基礎知識から具体的な予防までを網羅した資格が登場

今後向き合うことになるであろう認知症という問題に向けて、早めに知識をつけて備えておくことが、自分や家族の身を守ることにもつながる。

そんな中、日本アイティ技能普及協会によって出された新たな試みが「認知症予防アドバイザー講座」での認知症予防の知識の拡大だ。認知症に関する正しい知識を持ち、家族や周囲に正確な情報を伝え、提供できる人材の育成を目的としている。

認知症予防アドバイザー講座について

●コンセプト
認知症に関する概要・認知症予防についての正しい知識を持ち、自分の家族や周りの人々に正確な情報を伝え、認知症予防の方法を身近な所から伝えることが出来る人材を育成する。

株式会社日本アイティ技能普及協会とは
認知症予防への関心が高まる中で、社会に貢献したいという思いから資格を設立

●受講していただきたい方
あらゆる年代の方で、周囲のために認知症予防に関する知識を身につけたい方、介護従事者の方など、広く認知症予防の知識を身につけたい方

●特徴
・脳に関する著書も多く発表している、京都大学名誉教授久保田競先生による監修の講座
・講座修了者は認定試験を受験でき、合格者には久保田教授のサインが記された認定証が授与される
・動画とテキストでの受講のため、自宅で自分のペースで進められる
・検定試験対策も万全
・検定試験も自宅で受けることができる
・資格認定を受ければ、メールによるQ&Aサービスも利用できる

●習得できる知識
認知症予防だけでなく、認知症の基礎から認知症に関わる成人病の予防、認知症を発症した際の対処法など多岐に渡る知識のほか、予防対策として即実践できる運動方法、食事療法、アロマテラピーなど

●認定試験受験までの流れ
・講座の申し込み→受講→受験→認定、といった流れで受験が行われる
・受講はおよそ10時間、DVD教材とテキスト2冊での受講、自宅もしくは公認教室での受講となる
・受験はオンラインシステムで行われるため、いつでも受験が可能。その場で合否が出される

●実際に使用する資料はこちら
 >>>第1章導入部分(pdf)

講座受講、検定受験で情報を提供する側も目指せる

さまざまな角度から認知症予防の知識を身につけることができる「認知症予防アドバイザー講座」。講座の受講、検定の受験で知識をつけることにより、私生活において早期からの対策が可能となるほか、認知症予防に関する活動の中心となる人材を目指すことも可能だ。

認知症患者が増加の一途をたどる今、認知症予防の知識に長けた人材の需要はますます高まっていくと考えられる。自身や家族の未来のためにも、受講を検討してみてはいかがだろうか。

●講座の詳細はこちら:http://www.jitkentei.com/
●講座の紹介映像:https://www.youtube.com/watch?v=U8WkE-TeYoI
●電話:03-5812-5441(平日9:00~18:00受付)
●メール:kentei@japan-itskill.com
●認知症予防アドバイザー検定 ご自宅用検定キット
 ご注文フォーム:http://www.jitkentei.com/#!blank/rsoox


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2【明日放送】TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な…
  3. 3アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  4. 4「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  7. 7【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  8. 8大阪市立大学と14社が認知症などの解決に向け協定を締結
  9. 9「治療で改善できる認知症・iNPH」張家正先生インタビュー
  10. 10「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
このページの
上へ戻る