熊谷賴佳「認知症はなっても○、防げば◎」出版。間違いだらけの認知症対策へメス

2015年3月19日

熊谷京浜病院院長の新刊が発売

予備軍も含め、65歳以上の4人に1人が認知症といわれる日本。20年にわたる認知症の臨床経験を元に熊谷賴佳氏が、マキノ出版から「認知症はなっても○、防げば◎」と題して、熊谷式メソッドを紹介する1冊を3月15日に発売した。

認知症治療に特化し、京浜病院の院長である熊谷賴佳氏が、五感を刺激してボケを撃退する方法を紹介した。

20年間の臨床経験を活かして

脳神経外科が専門の熊谷氏は、慢性期医療に専念して、認知症治療に特化し、診療経験から3段階ケアを編み出した。

五感の1つである「視覚」を刺激する視覚リハビリを中心に収載。成長し続ける脳を紹介している。認知症は、覚えることができない病気だ。しかし、覚えてしまうほど繰り返し使用することで、効果が期待できる。

認知症家族も実感できる内容

「認知症はなっても○、防げば◎」は、5章から構成されている。第1章では、現在ある認知症対策の間違いを記載。

第2章では、熊谷式・認知症リハビリのやり方を紹介。他の章では、認知症患者を持つ家族が実感する喜びの体験談など、認知症を防ぐための方法や、リハビリ方法を紹介。日常の生活の中で、認知症を食い止める方法などを収載している。

(画像はプレスリリースより)

▼Amazonでの購入はこちら

▼外部リンク
マキノ出版 新刊情報
株式会社マキノ出版 プレスリリース(@Press News)


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3米バイオジェン社、アルツハイマー病新薬の試験データを発表
  4. 4【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  5. 5メットライフ生命、「#老後を変える」キャンペーン開始
  6. 6「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  7. 7厚労省、30年度概算要求まとめる。実質過去最大31.4兆円に
  8. 8今野先生コラム「食事で認知症予防」第4回:記憶力維持に重要なコリ…
  9. 9パソコンやスマホで行う脳トレ「ブレインHQ」 驚きの効果とは?
  10. 10認知症患者らがタスキをつなぎ日本縦断「RUN伴」
このページの
上へ戻る