自宅で手軽に楽しめる!色彩組色(R)ドリル利用者の声~「没頭できた」「達成感がある」

2017年7月5日 PR

手指を動かすことで脳に刺激を与え、コミュニケーションも円滑に。その取り組みを“ちぎり絵”として、自宅で手軽に行えるようにしたのが色彩組色®ドリルです。色彩組色®ドリルの特徴やメリット、また、実際の利用者の声をまとめて紹介しています。

脳を刺激する「色彩組色®ドリル」

認知症リハビリの現場では、手工芸などが「作業療法」として取り入れられているところもあります。色彩による視覚への刺激や、色紙をちぎるなどの手指を動かすことで、脳に刺激を与え、コミュニケーションが円滑になることをめざして自宅で手軽に行えるのが、「ダスキンホームインステッド」が提供する「色彩組色®ドリル」。鮮やかな64色のカラーカードを好きなようにちぎって、ドリルに描かれた絵に色をつけていきます。どのような色にするか自分で考えて作り上げていくことで、創作意欲を高めることにつながります。

また、絵のテーマには「毎日使うお気に入りのマグカップ」など身近なものもあり、作りながら「赤のマグカップが好きだよね」「私はこの色が好きだな」など周囲との会話も広がりやすくなっています。思い出に関わる絵があれば昔の記憶も引き出され、より会話も弾むでしょう。手指を動かすだけでなく、こうしたコミュニケ-ションも脳にとってよい刺激となります。

色彩組色®ドリルはダスキンホームインステッドのサービスを受ける際のひとつのツールとして取り入れられていますが、ドリルのみでも販売されています。ドリルを単品で購入し、自宅で家族と会話を楽しみながら取り組むこともできます。

▼外部リンク
「ダスキンホームインステッド 色彩組色®ドリル」について詳しく見る

作品コンテストで「続ける目的」ができる

手軽に始められるちぎり絵でも、細かい作業がもともと得意でない方の場合、なかなか続けにくいかもしれません。そこでダスキンホームインステッドでは、定期的に作品のコンテストを行っています。集められたドリル作品から専門家の審査により入賞作品が選定され、入賞者には景品も贈られます。入賞に至らなかったとしても、このように作品を誰かに見てもらえる、発表の場があるということでモチベーションが高まり、続ける目的となります。入賞した際は、「認められた」という喜びからより一層意欲が増すことでしょう。

色彩組色®ドリル利用者の声

実際に色彩組色®ドリルをケアサービスの中で取り入れているケースでは、どのような感想があがっているのでしょうか。ケアスタッフと色彩組色®ドリルご利用者の声を紹介します。

ケアスタッフの声

高齢者向け有料賃貸マンションの居住者の方たちに色彩組色®ドリルをやっていただく機会がありました。みなさん最初は気が進まない様子でしたが、やり出すとすごく興味を持って取り組んでいました。「秋」をテーマに作品をつくり発表して頂いたところ、皆さん自分の発表の番になると、意気揚々と絵を掲げてたくさん話していました。

色彩組色®ドリルご利用者の声

「自分のイメージする海が出来上がって楽しかった。最初はどうしようかと思ったけれど、切り貼りをはじめると昔の思い出が浮かんできて楽しくなった」
「作品を想像しながら、また楽しくちぎり絵に没頭できた、興味が湧きました」
「小さいときの思い出がでてきました」

第2回組色®作品コンテスト特選受賞者の声

2016年に開催された第2回のコンテストで特選を受賞したF.I.様の作品は、生まれ故郷である日光の男体山をちぎり絵で表現。受賞を知ると「1等になったなんて!びっくりだね~」と驚いていらっしゃいました。制作中は、子どもの頃にご兄弟と一緒に遊んだ思い出や男体山周辺の山々の名前をしっかりと思い出され、時間や季節によって変化する自然の色を、たくさんのカラーカードを使用して美しく表現していらっしゃいました。

▼外部リンク
第2回組色®作品コンテスト

目的が毎日の活動意欲につながる

ダスキン ホームインステッド 色彩組色ドリル

高齢になると足腰や視力の衰えから外出を控えることも多くなってきます。部屋に閉じこもりがちになってコミュニケーションも希薄になり、そのような生活からうつ状態になってしまうことも。無気力になりがちな高齢者や認知症患者にとって、生活の中で「楽しい」と思える何かを見つけることは、大きな生きがいになります。そこから生活活動全体の意欲向上につながり、積極的に外出や会話をするようになることもあります。

高齢者や認知症患者だけでなく、介護するご家族にとっても色彩組色®ドリルにはメリットをもたらします。ご家族が一緒に作品制作に取り組むことで、会話が弾み楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

高齢になったからといって必ずしも人生を楽しめなくなるわけではありません。目的をひとつ見つけるだけでも、達成したときの大きな喜びを感じることができます。人生を豊かにするきかっけのひとつとして、色彩組色®ドリルを勧めてみてはいかがでしょうか。

▼外部リンク
「ダスキンホームインステッド 色彩組色®ドリル」について詳しく見る

▼関連リンク
自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキンホームインステッド【ADI国際会議】
楽しい時間を過ごしながら脳を刺激!色彩組色®ドリルのすすめ


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  10. 10「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
このページの
上へ戻る