認知症介護のプロの楽ワザ 認知症関連書籍 新刊案内

2017年7月1日

“邪道に”行動支援を世界一わかりやすく解説

認知症や高次脳機能障害、発達障害の病態の共通点は、脳の問題で頭の働きが低下していること。

『高次脳機能障害・発達障害・認知症のための邪道な地域支援養成講座』では、最新の脳研究の知見と臨床経験に基づき、これら3つの疾患の病態に共通して役立つ上に、個別ニーズにも対応したポジティブな行動支援や治療的環境づくりを、マンガを交えて”邪道に”世界一わかりやすく解説しています。こうした病に関わるあらゆる職種の方や家族の方が、支援する中で根拠やヒントが欲しくなった時。また、疾患の理解や実践の振り返りのために役立つ一冊です。

著者は、高次脳機能障害・発達障害・認知症の支援のための研究所「粳間メンタルリハビリテーション研究所」の粳間剛氏。三輪書店より2,592 円(税込)で発売中です。

▼購入はこちらから

認知症の予防に役立つおやつは?科学的に証明された健康食

「科学的に根拠のある勉強法、教育法、食事法」が注目される昨今。疫学的に根拠のある健康食も、科学的に徐々に明らかになってきました。

『病気にならない食べ方はどっち? 第一線の医師が自ら実践している、本当に信頼できる食事法』では、「認知症の予防に役立つおやつはどっち?」「動脈硬化を防ぐ魚の食べ方はどっち?」など、病気にならず長生きできる食べ方はどちらなのかを、比較しながら楽しく学べます。すぐに日常生活で実践できる、実用的な知識がちりばめられています。

監修は、管理栄養士で、糖質制限食ネット・リボーン副理事長の大柳珠美氏。SBクリエイティブより1,512円(税込)で販売中です。

▼購入はこちらから

認知症のケアとサポートがラクになる一冊

認知症の介護、プロはいったいどのようにしているのでしょうか。

『ケアとサポートが楽になる 超図解 認知症介護』は、認知症の予防、治療、ケア、お金など認知症に関するすべてを網羅した一冊。プロが実践している”楽ワザ”を知ることで、認知症の介護が楽になります。

監修は、介護施設長経験のある米山淑子氏と、認知症専門医の朝田隆氏。 認知症の基礎知識から、トラブル防止の声かけや知って得するお金のこと、予防や治療など、わかりやすく図解で紹介しています。朝日新聞出版から1,620円(税込)で販売しています。

▼購入はこちらから


▼外部リンク
高次脳機能障害・発達障害・認知症のための邪道な地域支援養成講座
ケアとサポートが楽になる 超図解 認知症介護


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1たけしの家庭の医学「最新!老化ストップSP」(2017年5月放送…
  2. 2認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  3. 3認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  4. 4TBS「名医のTHE太鼓判5 SP」手術で改善可能な認知症の治療…
  5. 5「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  6. 6アルツハイマー病の原因となる遺伝子を推定(東北大学)
  7. 7ソフトバンク、スマホアプリで認知症高齢者見守り支援サービス
  8. 8【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  9. 9警察庁が提言、認知症などが関係する交通事故防止の方策
  10. 10「たけしの家庭の医学」老化防止&認知症予防(2017年7月放送)
このページの
上へ戻る