自宅で最適なケアをお手伝い~ダスキン ライフケア【ADI国際会議】

2017年5月17日 PR

京都で行われた「第32回国際アルツハイマー病協会(ADI)国際会議」には、世界各国から医療従事者などの専門家のほか、「認知症の人と家族の会」が共催したこともあり、沢山の当事者や家族が集結。研究や各国のケアの実情を共有したほか、多くの当事者による発信により「本人重視」の機運が高まったイベントとなりました。

会場には一般開放されたエキシビジョンもあり、多くのポスター展示や一般企業のブースも出展。その中で認知症ねっとが注目したのはダスキン ライフケアです。

認知症のご本人・ご家族をサポートする「ダスキン ライフケア」

「ダスキン」と聞くと、モップや玄関マットというイメージが強いかもしれませんが、訪問介護の事業も手掛けています。特に認知症に関しては、トレーニングを受けたスタッフと独自のツールを持ち、家事や介助など、一人ひとりに寄り添ったサービスを展開する、ご本人・ご家族をサポートする事業なのです。

そんな実績を持つダスキン ライフケアは、ADIのカンファレンスディナーで行われた「年間優秀ADI家族介護者賞」の表彰式で、プレゼンターを務めました。

人と人とのつながりを大切にしている企業

認知症に対するサービスについては、昨今様々な企業が取り組んでいますが、機器や道具ではなく、「人と人とのつながり」を大事にしているのが特徴です。 実際に当事者のお宅で介助をしたり、通院や外出の付き添いを行う中で大事にしているのは、何かを代わりにやってしまうのではなく、ご本人がそれまでの生活を続けられる助けになること。

専門のスタッフは認知症に関する知識はもちろん、不穏な事態や状況に応じて最適な対応をする技術を習得。スタッフ自ら認知症ご本人の「現実」の中に入り、その時の気持ちを受け入れながら対応することで、混乱状態が落ち着くこともあるといいます。

介護家族の将来へ ひとつの選択肢として

冒頭にあるとおり、今回のADI国際会議には認知症当事者や家族も多く訪れました。ブースに立寄った人の中には、この認知症ケアのサービスを初めて知って「肩の荷が降りました」とコメントする方も。 今すぐに利用するわけではないにせよ、自分ひとりで家族の面倒をみることに将来の不安を覚える人々が、頼れる場所を発見し、ほっとしている姿が印象的でした。

※「色彩組色®ドリル」については、認知症ねっとの別の記事でもご紹介しています!

▼外部リンク
ダスキンの認知症ケア専門サービス

▼関連リンク
楽しい時間を過ごしながら脳を刺激!色彩組色®ドリルのすすめ
自宅で手軽に楽しめる!色彩組色(R)ドリル利用者の声~「没頭できた」「達成感がある」


このページの
上へ戻る