認知症予防で注目!
フェルラ酸の脳への働きと摂取方法

2016年9月1日 PR

認知症予防によいとされる研究結果が発表され、注目を浴びている「フェルラ酸」。聞きなれない名前ですが、どのような成分で、どのように認知症予防に働くのでしょうか。そのメカニズムやフェルラ酸の効率的な摂取方法などをまとめて解説します。

認知症予防に役立つとして注目される「フェルラ酸」

近年、認知症患者の増加は社会問題にもなっており、認知症の治療や予防についてもさまざまな研究が行われています。 そんな中、発表されたのが「フェルラ酸」という成分のアルツハイマー型認知症に対する研究結果です。

アルツハイマー型認知症は、認知症の半数以上占めるともいわれているほど頻度の高い認知症です。その発症についてはまだはっきりと解明されていない部分もありますが、原因のひとつとされているのが脳におけるアミロイドベータという異常なタンパク質の蓄積です。このアミロイドベータが蓄積すると神経細胞に悪影響を及ぼし、アルツハイマーが発症すると考えられています。

今回発表された研究結果では、フェルラ酸にアミロイドベータという異常なタンパク質の蓄積を抑える作用が認められています。この研究結果から、フェルラ酸の摂取が認知症の予防につながることが示唆されています。

フェルラ酸の摂取は食べ物よりもサプリメントで

フェルラ酸は植物の細胞壁などに含まれるポリフェノールです。食べ物では、お米や小麦といった穀物に多く含まれますが、そのぬか部分にほとんどが含まれているため、普段私たちが食べることの多い精白米では、十分な量のフェルラ酸は摂取できません。
特に、1回の食べる量が少なくなってくる高齢の方の場合は、サプリメントなどを利用して効率的に摂取するのがおすすめです。

サプリメントで摂れるさまざまな「脳によい成分」

フェルラ酸を始め、脳によいとされる成分にはさまざまなものがあり、そのほとんどがサプリメントでも摂取できます。 その代表的なものといえば青魚に含まれる「DHA」。DHAは脳の中でも記憶力を司る「海馬」 という部分に多く存在し、脳の栄養素ともいわれています。アルツハイマーの患者は海馬部分のDHAの量が少ないこともわかっており、DHAの摂取はアルツハイマーの予防に有効という考えが世界的に広まっています。

また、最近取り上げられることが多い「中鎖脂肪酸」は、脳のエネルギー源としてブドウ糖に代わって働くケトン体を作り出します。このケトン体がエネルギーとなり、脳のエネルギー不足による機能低下を防ぐとされています。 これらの成分は食事から摂ることも可能ですが、普段の食事内容を大きく変えることなく十分な量の成分を摂取できるところに、サプリメントのメリットがあります。

脳によい代表的成分を一気に摂れる!製薬企業グループ開発の新サプリ

認知症の原因には、脳のエネルギー不足、脳での異常なたんぱく質の蓄積、脳の血管障害の3つが言われています。3つの原因すべてにアプローチできるのが、人気のサプリメント「リファブレン」。「フェルラ酸」をはじめ「DHA」 「中鎖脂肪酸*」のほか、「いちょう葉エキス」「ヒハツエキス」といった、脳によい代表的な成分をバランスよく配合しています。これらの成分を一気に摂ることができるサプリメントはこれまでになく、多方向から脳の機能をサポートできる新しいサプリとして注目されています。 [*ココナッツオイルの主要成分]

「リファブレン」はお得な定期お届けコースで申し込めば、初回半額、2回目以降は定価の10パーセントオフとなり、より試しやすくなっています。

認知症の発症が増えてくるのは60代から。しかし、その20年前から脳の機能低下は始まっているともいわれています。健康な今のうちからサプリメントの利用を検討しましょう。


このページの
上へ戻る