認知症の基礎知識

1. 「ぼけ」と「認知症」は違うのですか?

「ぼけ」は正常範囲内の老化現象で、ある出来事の中の一部を忘れてしまうのが正常な物忘れで、出来事の全てを忘れてしまうのが、「認知症」です。

約束を忘れたり、道に迷ったり、日課をこなさない、だらしなくなる等の症状があらわれたら認知症を疑うことになります。 認知症は 病気ですので最終的には専門医の判断が必要になります。 他の病気と同じで早期発見が良い治療につながります。

2. 現在の我が国の認知症高齢者の数は?

認知症高齢者の数は2012年の時点で全国に約462万人となっており、さらに10年後の2025年の認知症患者は、現状の約1.5倍となる700万人を超えるとの推計されています。

これにMCI患者数を加えると、約1,300万人となり、65歳以上の3人に1人が認知症患者とその予備軍といえることになりそうです。

3. 認知症の原因は?

認知症は脳になんらかの機能的、器質的変化が生じて起こるものです。

代表的なものは脳血管性 の認知症とアルツハイマー型認知症に分類されますが、高齢者の身体状態・精神状態・生活環境状態によっても左右されます。

4. 初老期認知症とは?若年性認知症?

40歳~66歳未満に発症した認知症のことを指します。

5. 老年認知症とは?

加齢に伴って症状が顕在化するタイプの認知症のことを指しています。うち60%はアルツハイマー型認知症のことを指します。

6. 治る認知症もあるのですか?

脳腫瘍・慢性硬膜下血腫・正常圧水頭症等の外科的治療の対象となる疾患や脳血管障害や脳症や薬の副作用によるせん妄状態など治療可能な状態も少なくありません。

7. 飲酒による認知症はあるか?

過度のアルコール摂取により、脳が器質的変化を起こして認知症になることもありえます。

8. 健康食品やサプリメントなどの効果はあるか?

「血液をサラサラにする」「脳の代謝の材料になる」など、分子栄養学により栄養素の役割はわかってきています。健康食品やサプリメントは、この栄養素を効果的に摂取することをサポートすることを目的としていることが多いです。

認知症は様々な原因の組み合わせで症状が起こるため「コレさえ飲めば予防できる(治る)」というものはありませんが、自身の状態に応じて摂取すれば効率的に栄養素を補給することができるでしょう。不安な場合は、かかりつけ医と相談しながら取り入れてください。

9. 薬の副作用で認知症になるか?

高齢者は不眠や関節の痛みや皮膚のかゆみを訴えることが多いため、睡眠薬、鎮痛剤、抗ヒスタミン剤、向精神薬等により意識が朦朧として認知症と間違われることがあります。

この場合、薬の投与を中止すれば症状は消失します。

10. 高血圧や糖尿病も認知症の引き金になるか?

血管性認知症は、脳梗塞や脳出血が原因となって発症することがあります。そのリスクを高める高血圧や糖尿病は、コントロールすることが重要でしょう。

11. 引越しや改築・退職・引退等は認知症発症の引き金になるか?

認知症の原因は脳の器質性です。発症後、環境の変化により認知症の症状が悪くなる事もあります。


このページの
上へ戻る