リン先生の「認知症予防講座”認トレ”を斬る!⑤Q&A」

2016年11月25日
ロゴ-記事用

認知症ねっと主催の認知症予防トレーニング「認トレ教室」。

「行ってみたいけど、どんな雰囲気なのか不安…」「具体的に何をやっているの?」と興味をお持ちの皆さんに、 認トレインストラクターのリン先生が、実際の教室をご案内。コンテンツやその効果を解説します。

今回は皆さんから寄せられた質問に、リン先生がお答えします!

疑問や不安にお答えします!

こんにちは。リンです! 「認トレ教室」について、お電話などでもよくお問合せいただくのですが、行きたい気持ちはあっても、なかなか行動に移すきっかけがない方も多いようです。

「1人でお出かけが億劫」「できないと恥ずかしい」などなど、小さなことが気になって最初の1歩が踏み出せないなんて本当にもったいない! 多くの皆さんに来ていただきたいので、今回はお問合せのあったご質問にお答えしますね!

りんさん

Q「効果はあるんですか?」

A:脳はいくつになっても鍛えることができるんです。

認トレ教室ではドクターの監修のもと、脳の機能維持に効果的なプログラムを提供しています。身体の疾患と違って「傷が治った」「くしゃみが止まった」などのような実感は難しいですが、続けることによって機能の維持が可能なのです!

Q「1度につき何名くらいの参加者がいるのでしょうか?」

A:新宿の教室はアットホームに行っているため、5人から20人程度となっています。

できないことも、私リンがフォローしますので安心してくださいね! ご参考まで下の写真のような雰囲気です。 ちなみに、月1回のイオンの体験教室は、1回につき50人ほど一緒に受講できます。

Q「参加者の平均年齢は? 男性の参加者はいますか?」

A:実は年齢層はバラエティに富んでいるんです。

60代~の方々が多いかと思いきや、ご両親や祖父母さまを心配していらっしゃる20~40代の方も多く、また上は90代の参加者もいらっしゃいます。
脳のトレーニングは、いくつからでも、またいくつになっても効果が出ますので、年齢関係なくご参加いただければと思います。

男性ももちろんいらっしゃっていますよ!

Q「体力に自信がなく、体操が不安です」

A:体操といっても、座ったまま行う簡単なものになります。着替えの必要もないので心配ありませんよ! 

もちろん、皆さん個人の体調や状況に合わせて、座って休んでいていただいてもまったく問題ありません。 動作がわかりづらかったりした場合は、リンに声をかけてくださいね。

Q「一人で伺うのは気後れしてしまいます」

A:親子や夫婦でいらっしゃる方もいますが、多くはお一人でのご参加です。アットホームな教室なので、ご安心ください。もちろんお友達同士お誘いあわせのうえご参加いただいても大丈夫ですよ。

「認トレ教室」ではバラエティ豊かなエクササイズを皆で一緒に行います。 間違えても笑いながら取り組むことで、頭も心もスッキリ。一人ではなかなか続けられない課題も、こうして集まれば楽しく取り組むことができるのです。

次回も「認トレ教室」について、詳しくご紹介していきますのでお楽しみに。

また、認トレ教室のプログラムや、トレーニングの内容についてご質問のある方には リン先生がお答えします!こちらのフォームより、題名に「認トレ」と記載しご質問ください。

プログラムのご紹介

椅子に座ってできる体操や、頭と身体を同時に使う運動、知的トレーニングなどに取り組みます。脳と身体に汗をかく、やりごたえのある楽しいトレーニングです。
※激しい運動はありませんのでご安心ください。

その他日程や、認トレについて詳しくはこちら!

リン先生の「認知症予防トレーニング”認トレ”を斬る!」シリーズをもっと読む


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
このページの
上へ戻る