リン先生の「認知症予防講座”認トレ”を斬る!①認トレってなに??」

2016年10月6日
ロゴ-記事用

認知症ねっと主催の認知症予防トレーニング「認トレ教室」。毎回ご好評をいただいていますが、まだまだ未体験の方も多いはず。

「よく目にはするけれど、どんなことをやっているの?」 「どんな効果があるの?」 「興味はあるけど、実際の現場が分からないと足を運びづらい」 などなど、ご意見もいただいています。

そこで今回から「認トレ教室」について、内容はもちろん、効果や当日の雰囲気まで 皆さんにご紹介する企画をスタート! 案内役は、認トレ教室の人気インストラクター、リン先生が務めます。

インストラクター、リン先生からご挨拶!

りんさん

そもそも「認トレ」ってなに?? 認トレ基礎知識

認知症は、脳が萎縮する、血管がつまる、などの理由から「認知機能」が低下する病気。人は、この「認知機能」を使って、日々生活の中で様々な情報を処理しています。

人の認知機能

認知機能

例えば、「お買いものの会計」という1~2分の一場面でも、こんなにたくさんの認知機能を使っているのです。

買い物

この認知機能が「病気」によって低下してしまった状態が認知症です。 認知機能は、運動や知的トレーニングにより鍛えられることが研究からわかっています。

脳は非常に優秀で、例えば、病気で脳が萎縮してしまって何かの認知機能が落ちてしまっても、刺激を与えてトレーニングすることで、別の部位が失われた認知機能の代わりを果たします。 これを、”認知予備力”といいます。認知予備力を高めることで「認知症になりにくい健康な脳」を作るのです。

認トレでは、生活を支える認知機能を対象に、それぞれの認知機能を楽しくトレーニングします。

身体を動かすトレーニングのほか、ドリルも体験!
詳しくはまた次回のこちらのコーナーでご紹介します。お楽しみに!

その他日程や、認トレについて詳しくはこちら!

リン先生の「認知症予防トレーニング”認トレ”を斬る!」シリーズをもっと読む


こちらのニュースもどうぞ

認知症最新ニュース アクセスランキング

  1. 1認知症患者は2025年に700万人を突破。65歳以上の5人に1人
  2. 2「最近ニオイがしないかも…」は危険!?認知症予防のカギとなる嗅覚…
  3. 3【樋口直美さんインタビュー】レビー小体型認知症は認知症というより…
  4. 4「軽度アルツハイマーの症状が改善」プラズマローゲンとは~藤野武彦…
  5. 5認知機能の維持に希望の光!注目される「コリン」の効果とは
  6. 6認知症で注目されているコリンとコレステロールの意外な関係?!
  7. 7【広川先生のMCIコラム(第2回)】早く気づけば認知症にならない…
  8. 8趣味を再開、物忘れ改善など…ホタテ由来プラズマローゲン体験者の声
  9. 9困りごとも相談できる薬のスペシャリスト ~【第3回】認知症に寄り…
  10. 10若年性認知症の方の居場所をつくりたい ~【第1回】認知症に寄り添…
このページの
上へ戻る